郵便局員が消印を不正に改ざん 商品の特典を手に入れるため

ざっくり言うと

  • 京都市の郵便局で、集配部課長が消印を不正に改ざんしていたことが分かった
  • 商品の特典を手に入れるため、消印の日付をさかのぼって押させたという
  • 「犯罪にはあたらない」として、現段階では刑事告訴を見送っている

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング