『東京無国籍少女』の清野菜名

写真拡大

押井守監督作『東京無国籍少女』の初日舞台挨拶が、7月25日に新宿バルト9で開催され、清野菜名、田中日奈子、吉永アユリ、花影香音、押井監督が登壇。本作で初主演を務めた清野は「この作品は、私の大切な宝物となりました」と喜びを口にした。

【写真を見る】清野菜名の全身ショットはこちら

清野は、最初に台本をもらった時のことを振り返り「台本が薄くてプロット状態だったので、不安で不安で仕方がなかったです。また、押井監督から『現場でいろいろと継ぎ足していくから』と言われて、もっと不安になってしまって」と告白。

清野は押井監督の第一印象について「声が小さい。さらに現場ではマスクをされていて、『もう1回お願いします』という感じでしたが、何度も説明をしてくださったので、納得したうえでやっていくというのがすごく楽しかったし、やりやすかったです」と笑顔を見せた。

田中や花影、吉永たち全員が「不安でした」と口を揃えつつも、押井監督の丁寧な指導には感激したと言う。押井監督は「不安は悪くない。不安な世界を描いているので、そういう緊張感を描いていたから。ただ、冗談を言ってもなぜか受けなくて。オヤジの冗談は通じなかったらしい」とぼやく。清野たちは全員「え?」と驚き、「何かおっしゃってましたか?」と監督に尋ねて、会場は爆笑。

清野はアクションシーンについて「準備期間3日間、いままででいちばんハードなアクションシーンでした。でも、完成したものを観た時は、自分でもびっくりしました。自分で言って良いのかわからないけど、格好良いな思っちゃいました」と力強くコメント。吉永も田中も「本当に格好良かった!」と感激すると、花影も「清野さん、目標です。刺激をもらいました」と目を輝かせた。

最後に、押井監督から4人の女優陣に花束が贈呈された。押井監督は、清野菜名が初主演したことについて「清野じゃないとできなかった」と太鼓判を押した。続けて「初めて主演をやってもらった人には責任を感じるので、なんとなく一生つきまとうんです。また、やりましょう」と声をかけると、清野も「よろしくお願いします!」と笑顔を見せた。

『東京無国籍少女』では、心に傷を負った、美術高等専門学校の女子生徒である藍(清野菜名)が、教師や嫉妬深い同級生たちに囲まれた日々を過ごすうちに、日常を崩壊させてゆく。ラスト15分の衝撃の展開も話題を呼んでいる。【取材・文/山崎伸子】