「裁かれるは善人のみ」ビジュアル (C)2014 Pyramide

写真拡大

 2015年ゴールデングローブ賞外国語映画賞、昨年のカンヌ映画祭脚本賞を受賞したロシアのアンドレイ・ズビャギンツェフ監督の「裁かれるは善人のみ」が、10月31日に劇場公開することが決定し、このほどメインビジュアルがお披露目された。

 デビュー作「父、帰る」でベネチア国際映画祭金獅子賞を受賞したズビャギンツェフ監督の新作は、マービン・ヒーメイヤー事件、「ヨブ記」「ミヒャエル・コールハースの運命」、トマス・ホッブズ著「リヴァイアサン」など数々の書物と現実の事件にインスパイアされた物語で、ロシア北部の町で暮らす市井の人々と、権力を振りかざして土地の買収をもくろむ行政との対立を描く。練られた構図と、ロシアの広大で荘厳なロケーションが、人と国家と神、そして悪についての深淵で普遍的な物語を際立たせている。

 入り江のある小さな町で、自動車修理工場を営むコーリャは、若い妻リリア、そして先妻との間に生まれた息子ロマと共に、住み慣れた家で暮らしている。1年後に選挙を控えた市長のヴァディムは、権力に物を言わせ、彼らの土地を買収しようと画策する。コーリャは、強行策に抗うべく、友人で弁護士のディーマを頼ってモスクワから呼び寄せ、市長の悪事の一端をつかみ、明るみに出そうとする。

 「裁かれるは善人のみ」は、10月31日から新宿武蔵野館ほか全国順次公開。