グラウンドを見つめる無念のピカチュウたち

写真拡大

 人気アニメ映画シリーズの18作目「ポケモン・ザ・ムービーXY 光輪の超魔神フーパ」(同時上映「ピカチュウとポケモンおんがくたい」)の公開とポケモンセンターヒロシマのオープンを記念し7月22日、ご当地サプライズイベント「ピカチュウ広島出張チュウ」が行われ、約20匹のピカチュウが広島に結集。ポケモンセンターヒロシマと広島東洋カープの応援のため、マツダスタジアムを訪れた。

 本イベントは、昨年横浜で行われ話題を呼んだイベント「ピカチュウ大量発生チュウ!」の出張版。ピカチュウたちは、6月26日にオープンしたばかりのポケモンセンターヒロシマで買い物を楽しんだのち、マツダスタジアムへ。この日の対中日ドラゴンズ戦で、カープ名物「CCダンス」を踊る予定だったが、雨天中止に。この原因が、先発予定だったカープの前田健太投手がファンの間で有名な“雨男”であるためだとして、「前田投手の“特性・あめふらし”が、ピカチュウに勝った」とファンは盛り上がった。

 前田投手は、「僕のせいで、本当にすみません(笑)。ピカチュウが大量発生して、CCダンスを披露してくださると聞いておりましたが、とても残念です。今年のポケモン映画が他の映画をおさえて完封勝利できるよう応援しています! CCダンス見たかったので、また是非広島に来てください」とピカチュウとファンに謝罪した。

 「ポケモン・ザ・ムービーXY 光輪の超魔神フーパ」は全国で上映中。