米ケーブル最大手のコムキャスト Photo by Justin Sullivan/Getty Images

写真拡大

 米ケーブル最大手のコムキャストがストリーミングTVサービスを開始することになったと、ロサンゼルス・タイムズ紙が報じた。

 同社が提供するブロードバンドのインターネットサービス「Xfinity」の契約者を対象に、ストリームと名付けられたTV視聴サービスを提供するという。独自アプリを通じ、HBOを含む複数のチャンネルを月額15ドルでストリーミング視聴できるようになる。

 ケーブルテレビ事業で大きな収益を得てきたコムキャストだが、ネットフリックスなどのストリーミング動画サービスの影響で解約者が増加。そのため、ケーブル契約を切った顧客を対象に、ストリーミング動画サービスを提供することにしたという。

 今夏ボストンで試験的に運用を開始。その後、シカゴ、シアトルを経て、アメリカ全土に展開する予定だという。