ケイト・ブランシェット

写真拡大

アカデミー賞女優のケイト・ブランシェットが、オーストラリアのTVシリーズを企画し、初監督も務めようとしている。

【関連記事】壮観!マーティン・フリーマンからケイト・ブランシェットまで!  『ホビット 決戦のゆくえ』キャラクタービジュアル解禁!

米Varietyによると、TVシリーズのタイトルは『Stateless(原題)』で、2004年に大きく報道された1人の女性、コーネリア・ラウに起きた悲劇の実話に基づいている。コーネリアはドイツ生まれでオーストラリアに移住した。彼女は統合失調症を患っており、2004年にシドニーの病院から抜け出すが、ブリスベンの更生施設に収監されてしまう。その後は不法移民として拘置所に入れられ、コーネリアの身元が判明して釈放されたのは2005年の2月になってからだった。

ケイトはオーストラリアのメルボルン生まれ。1998年に製作された映画『エリザベス』でゴールデン・グローブ賞の映画部門で女優賞を受賞する。その後は『アビエイター』でアカデミー賞助演女優賞、『ブルージャスミン』で同主演女優賞、『アイム・ノット・ゼア』ではベネチア映画祭で女優賞を獲得するなど、数多くの賞に輝いている。今回のTVシリーズにケイトが出演するかは決まっていない。

昨年、ケイトは『アイム・ノット・ゼア』の脚本家オーレン・ムーヴァーマンが執筆した映画『The Dinner(原題)』を監督すると発表している。(海外ドラマNAVI)

■関連記事・『それでも夜は明ける』スティーヴ・マックィーン監督の熱いスピーチショウビズ大国アメリカは、"賞"大国でもある!!『プラダを着た悪魔』アン・ハサウェイ主演最新作『マイ・インターン』10月10日(土)全国公開決定!