ひとりぼっちの恐竜と少年が出会う (C)2015 Disney/Pixar. All Rights Reserved.

写真拡大

 ひとりぼっちになってしまった恐竜、少年の交流を描いたディズニー/ピクサーの最新作「アーロと少年」の特報が公開された。「隕石が衝突せず、恐竜が絶滅を免れた地球」という定説を覆す舞台設定で、進化し言葉を持った恐竜と言葉を持たない人間の子どもが壮大な冒険をする。

 猛スピードで地球に接近する巨大隕石が、あわやというところで地球を通過する。地上では、知らぬ間に生き延びることになった恐竜たちが、流れ星となって頭上を通過する隕石を見上げていた。特報では、恐竜と人間が共存する大地、アーロが言葉の通じない少年(スポット)に見せるホタルなど、美しい自然が映し出され、本編への期待が高まる映像となっている。

 短編「晴れ ときどき くもり」で監督デビューを果たし、「レミーのおいしいレストラン」「モンスターズ・ユニバーシティ」で主要キャラクターの声優を務めたピーター・ソーンがメガホンをとった。ジョン・ラセターが製作総指揮として名を連ねている。

 「アーロと少年」は、2016年3月12日から全国で公開。