『僕だけがいない街』で初共演となる藤原竜也と有村架純

写真拡大

“マンガ大賞”と “「このマンガがすごい!」大賞”に2年連続ランクインした「僕だけがいない街」。この大人気コミックが、主演に藤原竜也、ヒロインに有村架純を迎えて実写映画化され、2016年春に公開されることが発表された。

本作は、悪事を察知すると“再上映(リバイバル)”というタイムリープ(時空移動)現象に巻き込まれる主人公・悟(藤原)が、遡った時間から事件や事故の原因を探り、謎を解き明かしていくミステリー。母・佐知子(石田ゆり子)の身に降りかかった事件を機に18年前の世界へ遡った悟が、連続殺人事件の謎に迫り、母や同僚の愛梨(有村)の危機を救うため、現在と過去を行き来する。

主演に抜擢された藤原は「『時間を行き来する』特殊な現象に巻き込まれた主人公・悟の複雑な心情をどう演じようか、今から考え始めています」とコメント。また、有村との初共演について「大活躍の有村架純さんとの初共演、非常に楽しみにしております。若く才能のある方と組ませていただけることが、今の自分にとって大きな刺激になると思います」と喜びを語っている。

一方、有村は役について「映像化するにあたって私が演じる愛梨が大切にしなければいけないことは、藤原さん演じる悟に全力で寄り添うことかなと思いました。信じる力を大切に、愛梨を大切に、演じられればと思います」とコメント。藤原との共演については「お芝居への熱量がすごく大きな方だなという印象です。私もそんな方の近くで刺激をもらいながらぶつかっていけたらと思います」と前向きな意欲をのぞかせた。

2016年1月からはフジテレビ“ノイタミナ”でアニメ版の放送が開始されるなど、来年はブームが巻き起こりそうな「僕だけがいない街」。実写映画版はどんな作品になるのか、今から公開が楽しみだ。【Movie Walker】