『バケモノの子』展のオープニングセレモニーに参加したグリーンダカラちゃんとムギちゃん

写真拡大

大ヒット中の『バケモノの子』をはじめ、細田守監督作をフィーチャーした展覧会『バケモノの子』展が、7月24日(金)から8月30日(日)まで、渋谷ヒカリエで開催される。7月23日に、オープニングセレモニーと内覧会が開催され、中山良夫(日本テレビ放送網執行役員事業局長)、染谷正陽(ムービック・プロモートサービス代表取締役)、杉浦修(東急エージェンシー執行役員メディア本部長)、齋藤優一郎(スタジオ地図 プロデューサー/代表取締役) 、オフィシャルサポーターとなったグリーンダカラちゃん&ムギちゃん、熊徹と九太(着ぐるみ)が登壇した。

【写真を見る】『時をかける少女』のヒロインになれる胸キュンスポットに注目

齋藤プロデューサーは「細田監督は、『バケモノの子』で、これまで以上に子どもと親が楽しめるアニメーション映画を目指そうと思って、王道のものを作りました。この展覧会も、まさしく細田作品が持っている哲学や読後感と同じだと思います。子どもと大人がいっしょに楽しめるイベントになることを願います」と力強く語った。

本展では、『時をかける少女』(06)、『サマーウォーズ』(09)、『おおかみこどもの雨と雪』(12)から『バケモノの子』に至る細田守監督作品の約300点におよぶ原画や絵コンテ、背景美術などの展示、また、世界的なクリエーター集団、チームラボや面白法人カヤックとコラボする体感型展示コーナーを通じて、細田ワールドにたっぷりと浸ることができる。

原画や絵コンテでは、それぞれの作品の世界観はもちろん、実際に細田監督が直筆で書き込んだ細やかなメモ1つ1つからも作品にかける情熱が伝わってくる。いっしょにキャラクターと写真を撮れるブースも多数用意されている。

また、体感型展示コーナーのなかでは、『バケモノの子』で熊徹といっしょに刀を降ってバーチャルの修行ができる「熊徹道場」や、『時をかける少女』の等身大の間宮千昭から、「未来で待ってる」という名セリフを耳元でささやいてもらえる胸キュンブース、『サマーウォーズ』の小磯健二の名場面と言える「お願いします!」とエンターキーを押すシーンを再現できるブースなど、ファン垂涎のスポットをマストで攻めたい。自身の体験動画がSNSサイトでシェアできたりするのもうれしい限りだ。

すでに興行収入20億円を突破し、メガヒットしている『バケモノの子』。映画を観た後、展覧会を訪れると、楽しさも倍増すること間違いなしだ!【取材・文/山崎伸子】