「老眼」と聞くと、働き盛りの世代には関係の無い出来事のように思えてしまいますが、実は一般的に40代以降に起こるといわれている老眼は、20代・30代でも十分に発症する可能性があるのです。最近は長時間、パソコンやスマホの画面をみていることも多く、以前と比べ、目へのダメージがはるかに大きくなってきています。症状があらわれる前に、老眼を予防しておきたいですよね。そこで今回は『20代・30代で目がみえにくい!? スマホ世代を襲う「若年性老眼」とは』をご紹介いたします。

若年性老眼のチェックリスト遠くのものはみえるけど、近くのものみえづらい近くのものをみようとすると、焦点が合わないパソコンやスマホの画面をみると、目が疲れてしまう細かい文字や小さな文字がぼやけてみえるディスプレイに表示される文字がゆがんでみえる

当てはまる項目が多ければ多いほど、若年性老眼の可能性が高いかも。加齢とともに、症状が悪化する場合もあるので、早い段階で眼科を受診するようにしましょう。

スマホをみるときは40?離す

画面に夢中になっていると、目の奥が段々と重くなってきませんか? スマホを見続けると、もちろん、それだけ目に負担をかけてしまうことになります。ピントが近すぎると目の筋肉が固まってきてしまうので、スマホを操作するときは、画面から40?離してみるようにしましょう。また、ゲームやSNSに夢中になっていると、瞬きを忘れてしまうので、たまに遠くのものを眺めたり、画面から視線をそらすなどして、適度に目を休ませてくださいね。

こまめに休憩をとる

1日中、パソコンやスマホを見続けると、目にとってあまりよくありませんよね。仕事をしているときも、休憩に入ったらスマホをみるのではなく、軽く目を閉じて、目を休ませてあげましょう。時間に余裕があるときは、温かいおしぼりを目の上に置くと、眼精疲労を和らげられます。

20代・30代は、まだまだ働き盛りのとき。老眼になると、症状によっては仕事にも支障がでてしまうため、目の健康を甘くみてはいけないのです。こまめに「目の休憩」をとりながら、1日中酷使しすぎないように気をつけましょう。


writer:山口 恵理香