Xperiaが発熱で熱中症に、冷蔵庫やエアコン、流水で冷やしても大丈夫?

写真拡大 (全3枚)

Xperiaなどの“防水スマホ”は、海やプール、突然のゲリラ豪雨でも安心して使えます。反面、密閉されたボディは内部の熱を逃しにくく、本体が発熱しやすいのが弱点です。

本体が一定以上に熱くなると、アプリも起動しない、充電もままならないといった状態になります。それは、人間で例えるなら、重度な熱中症に近いと言えるでしょう。

発熱したXperiaは、熱中症と同様にすぐ冷やすことが大事です。
とはいえ、ただ冷やせばいいというわけではありません。
正しい冷却方法で、健康なスマホに戻してあげましょう。

冷凍庫で冷やしてもいいの?
夏に恋しくなる“氷”の上や、冷凍庫に入れれば瞬間冷却ができますが、それは「ダメ」です。
最も効率のよい冷やし方のようにみえますが、1番キケンな方法です。

お魚やお肉などは瞬間冷却で鮮度維持できますが、スマホで急激に冷やすのは「壊れてよ」といっているようなものです。
冷凍庫内に入れることで、スマホ内部に結露、さらには、庫内の水分が内部の機器に付着し、腐食の原因になります。

エアコンの冷風で一気に冷やす
暖まったカイロ状態に近いホカホカのスマホを、エアコンの吹き出し口の真下で一気に冷やすのも「ダメ」です。
確かに、冷たい風を大量に浴びれば、Xperiaもあっという間に冷却されます。しかし、これも内部に結露が発生する原因になるので、キケンな方法なのです。さらに、エアコンのような冷風を急にあてて冷やすことは、本体のケースを劣化させる原因につながることもあります。

Xperiaを冷やす場合は、エアコンの吹き出し口から離れた場所に置いて、自然冷却させるようにしましょう。


エアコンの吹き出し口近くもNG

水道水をジャバジャバかけて冷やしても大丈夫?
Xperiaは防水なので、水をかけて冷やしても大丈夫と思いがちです。しかし、この方法も「ダメ」です。
見た目にも涼しそうですが、この方法には隠れたキケンがあるのです。

熱い→焦る→冷やすなど、「熱いからなんとかしなくては!」と急いで行動してしまい、キャップの閉め忘れなどが原因で水没するケースが多くなります。

流水で冷却するのには、思っている以上に長い時間をかけて、流水をかけ続けなければなりません。
流水では、スイカの外側はすぐに冷えても、内部まではなかなか冷えないのと同じです。


流水でまんべんなく冷やすのもNG

安心な正しい冷やし方
・オフラインモードや電源OFFで電波を遮断
・バックグラウンドで起動しているアプリを終了させる
・充電中なら、充電ケーブルを外す
・ケースを外す
・バッテリーの取り外しできるスマホはバッテリーを外す

熱くなったら、カバーを外して、自然に冷却されるまで待ちましょう。
SIMカードやmicroSDカードなどの防水キャップを開けて、内部の温度を早く下げるのも効果的な方法です。

熱くなりすぎたスマホは、動作も不安定になり、カメラ起動もできなくなってしまいます。
本来の“スマホ”に戻すために、正しい冷やし方を覚えておきましょう。
にゃんこ