厳選!2歳馬情報局(2015年版)
【第8回:エルプシャフト】

 幼いサラブレッドの将来を見据える際、極めて重要な要素となるのが、血統だ。例えば、その馬の兄や姉が素晴らしい活躍を収めていれば、それだけで関係者やファンは大きな期待を抱くこととなる。

 今年の2歳馬の中にも、血統面において多大な注目を集めている馬がいる。エルプシャフト(牡2歳/父ディープインパクト)だ。

 エルプシャフトの母は、現役時代に重賞を3勝したビワハイジ。その中には、1995年のGI阪神3歳牝馬S(※現在の阪神ジュベナイルフィリーズ。阪神・芝1600m)も含まれており、この一戦では、のちにGIオークス(東京・芝2400m)や、GI天皇賞・秋(東京・芝2000m)を制す"女傑"エアグルーヴを2着に下している。

 現役時代にGIを勝つほどの活躍をしたビワハイジだが、彼女がサラブレッドとしての真価を見せたのは、引退後だった。繁殖牝馬となったビワハイジは、軒並み活躍馬を輩出し続けてきたのである。

 その筆頭格は、彼女が2006年に生んだブエナビスタ(牝/父スペシャルウィーク)。この愛娘は、現役時代にGI6勝の実績を積み上げた。その中には、ジャパンカップ(東京・芝2400m)や天皇賞・秋といった、牡馬相手に勝利したGIもある。

 ビワハイジの子でGIを獲った馬は、彼女だけではない。2009年に生んだジョワドヴィーヴル(牝/父ディープインパクト)も、2011年のGI阪神ジュベナイルフィリーズを制している。

 GIには手が届かなかったものの、重賞を勝ったビワハイジの子はまだまだいる。アドマイヤジャパン(牡/父サンデーサイレンス)、アドマイヤオーラ(牡/父アグネスタキオン)、トーセンレーヴ(牡7歳/父ディープインパクト)、サングレアル(牝4歳/父ゼンノロブロイ)らが、それに当たる。

 なかでも、アドマイヤジャパンとアドマイヤオーラは、3歳牡馬クラシックの三冠レース(皐月賞、日本ダービー、菊花賞)で奮闘。アドマイヤジャパンは皐月賞(中山・芝2000m)で3着、菊花賞(京都・芝3000m)で2着と好走し、アドマイヤオーラは日本ダービー(東京・芝2400m)で3着と健闘した。

 重賞ウィナーを、生涯に1頭出すだけでも大変な、繁殖牝馬の世界。その中で、これだけの活躍馬を出しているビワハイジは、驚異的と言えるだろう。それだけに、その母の子であり、数々の活躍馬を兄姉に持つエルプシャフトには、自然と注目が集まる。

 そのエルプシャフトは、デビュー前の育成において、どんな印象を持たれていたのだろうか。担当したノーザンファーム早来(北海道)の森下政治氏は、同馬の成長過程をこう語る。

「育成を始めた頃は、牡馬にしては体が小さかったんです。なので、とにかくゆっくりとしたペースでメニューを課していきました。すると、春のあたりで体に幅が出てきて、本当によくなってきましたね。まだ、成長しそうです」

 春を境に成長が見えてきたというエルプシャフト。春以降も、順調に体重は増えているようだ。そして何より、育成でこの馬に騎乗してみると、"血統馬らしさ"を感じるという。森下氏が続ける。

「やはり、乗り味はすごくいいですね。フットワークに柔らかみがあります。性格も、おとなしくて扱いやすいですね。その一方で、他の馬と歩いていると、先頭に行くような面も持っているんです」

 エルプシャフトは、じっくりと成長を待ってからデビューさせる予定。おそらく晩秋、冬を迎える頃になる見込みだ。

 偉大なる兄妹たちと同様、エルプシャフトは重賞戦線で活躍する存在になるのか。多くのファンが期待を膨らませている。

河合力●文 text by Kawai Chikara