アーセナル主将アルテタが香川を絶賛「一生懸命な選手」

写真拡大

 アーセナルのMFミケル・アルテタが、日本代表MF香川真司(ドルトムント)を絶賛した。

 現在33歳のアルテタは、2011年にエバートンからアーセナルに移籍。主将としてプレーするスペイン人MFは、今月8日に1年間の契約延長で合意したばかりだ。現在、バークレーズ・アジア・トロフィーに出場するためシンガポールに滞在中のチームにももちろん帯同。14日に行われたプーマ主催のアウェーユニフォーム発表イベントにも出席し、集まったファンを楽しませた。

 イベント後にメディアに対応したアルテタは、アジア人選手について「メンタリティがすごい」と表現。特に昨年行われたUEFAチャンピオンズリーグでも対戦した香川については、「とても前向きで一生懸命な選手。昨年も対戦しましたが素晴らしい選手でした」と評価した。

 また日本サッカーの可能性についても言及。「日本に行きましたが施設、育成は素晴らしいですし、あとは時間の問題ではないでしょうか」と期待を寄せた。

(取材・文 児玉幸洋)


●プレミアリーグ2015-16特集