7月13、14日の両日、日本最大のサラブレッド市場「セレクトセール2015」(主催・JRHA日本競走馬協会)が、北海道苫小牧市のノーザンホースパークにて行なわれた。

 このセールに「日本最大の」という枕詞がつくのには、昨年史上最高となった125億7505万円(2日間)という売り上げ高はもちろん、上場頭数、さらにこのセールの出身からディープインパクト、ジャスタウェイ、アドマイヤムーンといった世界レベルの競走馬を輩出しているという背景がある。

 また、ここ数年は海外のバイヤーからの注目度も高まっており、一昨年・昨年はいまや世界中の競馬シーンを席捲しているカタール王室のファハド・アル=サーニ殿下が参加し、昨年の1歳馬セッションにおいて最高額となった2億6000万円で、リッスンの2013を落札するほか、名馬フランケル(※)の初年度産駒を当歳(0歳)馬市場に上場するなど、セールの好況に大きく貢献した。
※イギリスの競走馬。2008年生まれで、生涯成績14戦14勝(うちGI10勝)

 こうした状況でも、今年もまず主役はディープインパクト産駒だった。昨年のセール以降だけでも、ラキシス(エリザベス女王杯)、ダノンシャーク(マイルチャンピオンシップ)、ミッキークイーン(オークス)と、このセール出身のディープインパクト産駒が3つのGI競走を制しており、このほかにもサトノラーゼン(ダービー2着)、トーセンスターダム(豪ランヴェットS2着)などが国内外のGI競走で活躍している。昨年のセールでも1歳馬セッションで高額落札馬の上位4頭を含む6頭のディープインパクト産駒が1億円の大台を突破、当歳馬セッションも上位3頭を含む4頭が1億円以上に達した。今年もこれと同等、あるいは超えるような高額馬が現れるかどうかに注目が集まった。

 最初にディープインパクト産駒が登場したのは19番の母キングスローズ。ここまで億超えはなく、8400万円で落札されたハーツクライ産駒が最高額だった。

 母馬はニュージーランドで桜花賞に当たるレースを勝っているほか、オーストラリアに移籍後も現地のGIで何度も好走した。6000万円からセリが開始され、6300万円の声が掛かった直後に、「1億!」という声が飛び、あっけなくこの日の最高額を更新すると、「さすがディープ産駒......」というため息混じりにセール会場がざわつく。その後も高額での攻防は続き、最終的に1億9500万円でハンマーが下ろされ、「サトノ」の冠号でお馴染み、里見治氏が落札した。

 これを超えたのが50番。母のラッシュラッシーズはアイルランドとイギリスでGIを3勝している名牝だったが、今年に入ってこの世を去っている。8000万円からスタートすると、あれよあれよという間に価格が上がり、2億3000万円でハンマー。落札したのは父ディープインパクトを所有していた金子真人氏(名義は金子真人ホールディングス)。

 その後も、5頭のディープインパクト産駒が1億円オーバーの価格となったが、この日のクライマックスは107番の母ジョコンダIIでやってきた。半兄は今年のクラシックを賑わしたサトノクラウン(父Marju)という良血。この日唯一の1億円からスタートすると、瞬く間に2億円を突破して、ここから先はじわじわとした攻防に。最後の最後に2億3500万円でハンマーが落ちると、場内からは期せずして拍手が沸き起こった。落札したのは、半兄と同じく里見治氏。弥生賞を勝ち、クラシックの主役と目されながら無冠に終わった兄の雪辱を弟で狙うことになった。

 2日目の当歳セッションでもディープインパクト産駒はセールの中心となった。この日の最初のディープインパクト産駒である316番(母ソーメニーウェイズ)が1億1500万円で落札されると、350番(母シルヴァースカヤ)が1億2000万円でハンマー。ここまでは牡馬が高額馬の大半を占めていた。しかし、この日の主役は牝馬のディープインパクト産駒だった。371番の母ウィーミスフランキー自身はアメリカでGIを2勝。全く同配合の兄(ウィーミスフランキーの2014)が昨年の当歳セッションにて、1億4000万円で落札されていたが、こちらは1億8000万円でハンマーが下ろされた。興奮したオークショニアが「1800万...」と桁をひとつ間違えそうになるひと幕も。落札したのは「ダノン」の冠号でお馴染みのダノックス社だ。

 この日は7頭の1億オーバーがあった中、4頭がディープインパクト産駒。ただ、2億円超が2頭いた昨年よりも、高額馬については、やや価格が健全化されていたようにも感じられた。

 2日目の当歳セッションで話題をさらったのはディープインパクト産駒だけではない。いよいよオルフェーヴル産駒が登場する。ついこの間まで日本競馬の主役であった馬が、もう父親となったという点でも感慨深いが、こうして応援していた馬の仔が競馬シーンへと現れることで、血統が紡がれていくのも競馬の楽しみの一つだ。ロードカナロア、エイシンフラッシュ、ノヴェリストも同じく初年度産駒を送り出すが、やはりオルフェーヴルの存在感は一回り大きなものがあった。

 その注目度の高さは、当歳セッションの1頭目がオルフェーヴル産駒だという点からもわかる。4000万円からスタートすると、トントンと額を上げ、8000万円でフィニッシュ。口開けのご祝儀ということを踏まえても、評価が高いことがうかがえる。

 オルフェーヴルの育成に関わった関係者によると、「どの産駒も動きやバネはオルフェーヴルのいいところを受け継いで、似ているように見える。気性も父に似て、賢いがためにキツめな印象を感じさせるところもありますが、そこをコントロールできれば大物がすぐに出てくるでしょう」と評価していた。

 さらに高く評価したのは、今年初めてセールに参加したオーストラリアの殿堂入りトップトレーナー、ゲイ・ウォーターハウス調教師だ。初日に1頭、この日もここまでに4頭を購買していたが、最後の1頭にオルフェーヴルの牝駒(フォーシーズンズの2015)を3100万円で落札すると、会場内に響き渡るほど大きな歓喜の声を上げた。

「下見で実馬を見て、柔らかい動きをしていて機敏さがありました。とてもいい馬だなあと思って血統をチェックしたら、あのオルフェーヴルの子供だというじゃないですか。母方の血統も含めて、これは『欲しい』と思いました。購買できてとても嬉しいです」

 海外のトップホースマンにも認められたオルフェーヴルの産駒たち。1億の大台はなかったが、当日全体の平均価格が約3298万円に対し、オルフェーヴル産駒の価格は約4108万円。ディープインパクト、キングカメハメハ、ステイゴールドに次ぐ4番目(複数頭上場馬に限る)ということからも、評価の高さが伺える。

 また、前述のゲイ・ウォーターハウス調教師のほかにも、今年37年ぶりに誕生したアメリカの三冠馬アメリカンフェイローの父パイオニアオブザナイルをけい養する名門牧場ウインスターファームをはじめとした外国人バイヤーも、エンパイアメーカー産駒やノヴェリスト産駒などを購買。世界からも優秀なマーケットのひとつとして認知されたといえる結果を出した。

 今回購買された1歳馬は来年、当歳馬は再来年デビューを迎える。セール出身馬の行く末を楽しみに待ちたい。

土屋真光●文 text by Tsuchiya Masamitsu