安全保障関連法案が衆院本会議で可決 ゆるく解釈されてきたと指摘も

ざっくり言うと

  • 安全保障関連法案が15日、衆院平和安全法制特別委員会で可決された
  • 「ずっと以前から9条はゆるく解釈されてきた」とエコノミスト誌は指摘
  • 9条は戦力の不保持を定めているが、日本には自衛隊が存在していると述べた

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x