東芝の不適切会計は意図的だったと外部委員会が認定へ 多くの部門で

ざっくり言うと

  • 東芝の不適切会計に関し、第三者委員会は「意図的だった」と認定する方針
  • 利益の過大計上が、多くの部門であったことが重視されているという
  • 業績の拡大を目指す経営陣の意向が、全社的に反映されたとみられている

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x