口溶けの良いソフトクリームをかき氷にのせた暑い夏にピッタリなデザート「氷フロート(すいか・いちご・ハワイアン)」がファーストキッチンで2015年6月25日(木)から販売されています。シャリシャリのかき氷と滑らかなソフトクリームのコラボレーションを楽しむべくファーストキッチンで食べてきました。

「氷フロート(すいか・いちご・ハワイアン)」新発売! | ファーストキッチン

http://www.first-kitchen.co.jp/news/?ym=201506#nw210

ファーストキッチンに到着。

店内には新発売の「氷フロート(すいか・いちご・ハワイアン)」を宣伝するポスターが張り出されていました。

そんなわけでさっそく注文。左の黒いつぶつぶがのっているのが「氷フロート・すいか」、右手前の水色のソースがかかっているのが「氷フロート・ハワイアン」、奥のいちごソースがたっぷりのっているのが「氷フロート・いちご」です。

氷フロートの大きさをiPhone 6と比較するとこんな感じ。ソフトクリームまで含めるとちょうど同じくらいの高さでした。

というわけで付属のスプーンを使って食べてみます。

まずは、すいかの種にみせたココアビスケットチップが特徴的な「氷フロート・すいか」からパクリ。

ソフトクリームは口溶け滑らかなバニラ味で、風味豊かなココアビスケットチップが良いアクセントになります。

ソフトクリームを食べ進めると中から朱色のかき氷が出現。

かき氷はすいか味のシロップがたっぷり使われており、氷の食感は荒めのザクザク系です。一口食べた瞬間にスイカバーを思い出す懐かしい味わい。

容器の一番底には黄緑色の氷がたまっており……

食べ進めるとこんな感じで出現。この黄緑色のシロップはメロン味で、すいか×メロンというコンビネーションがまさにどこかの氷菓子を思い起こさせます。

ソフトクリームとかき氷を一緒に食べると、ソフトクリームが口の中で滑らかに溶けていったあとにザクザクの氷が残る、という不思議な食感が味わえます。なお、すいかシロップとソフトクリームの相性は可もなく不可もなく、といった感じでした。

続いてブルーハワイ&メロンシロップと果肉をゴロッと使用したパイナップルソースを組み合わせた「氷フロート・ハワイアン」を食べます。

まずはソフトクリームとパイナップルソースを一緒にパクリ。パイナップルソースは酸味が効いており果肉の食感も楽しめるのでかなりグッド。一緒にブルーハワイソースもかかっているのでかき氷なしでもハワイアンな気分に浸れます。

「氷フロート・ハワイアン」のメインシロップはブルーハワイなので、かき氷は鮮やかな水色。味はごくごく普通のブルーハワイのかき氷ですが、これをパイナップルソースと一緒に食べると一気に味わいがリッチになります。ただし、このパイナップルソースはあまり量が多くないので慎重に食べる分量を調整する必要アリ。

パイナップルソースとブルーハワイシロップが混ざってソースの一部が黄緑色に変化。この黄緑色の部分がかなりグッド。

ソフトクリーム・かき氷・パイナップルソースを合わせてパクリ。相性が悪いというわけではありませんが、ブルーハワイ×パイナップルソースの組み合わせが秀逸過ぎたのか「まぁまぁ」な印象でした。

容器の底にはメロンシロップ。これは「氷フロート・すいか」の底にあったものと同じもの。

最後はいちごとピーチのシロップが使われた「氷フロート・いちご」を食べてみます。

ソフトクリームには大量のいちごソースがかけられており、見た目はかなりぜいたくな感じ。

いちごソースとソフトクリームを食べると、酸味の効いた果肉と滑らかなソフトクリームが相性抜群です。

中のかき氷はごくごく普通のいちごのかき氷。ザクザクの食感が夏感を演出してくれます。

そして容器の底にはいちごシロップよりもオレンジ色に近いピーチシロップがたまっており、これがいちごだらけの「氷フロート・いちご」の良いアクセントになります。いちごとソフトクリームは相性抜群で、ソフトクリームとの相性は「氷フロート・いちご」が最も高いように感じました。

なお、「氷フロート(すいか・いちご・ハワイアン)」は単品で税込290円で販売されています。