松ケンは“ぽっちゃり”が好き、「興味ある異性」は渡辺直美と告白。

写真拡大

俳優の松山ケンイチ(30歳)が、7月7日に放送されたバラエティ番組「さんま御殿3時間SP女子アナ軍団の逆襲!最強2世&ピョン吉祭」(日本テレビ系)に出演。スラリとしたスタイルの女優・小雪(38歳)を妻に持つ松山だが、好きな女性のタイプは“ぽっちゃり”だと告白した。

この日、体重が98キロで、100キロの壁をなかなか越えられないというお笑い芸人・渡辺直美(27歳)が「ぽっちゃりが好きっていう人もいます」と、恋愛方面の話をしていると、突然挙手して「ボクです。ボク好きです」とにこやかに話し始めた松山。

「ぽっちゃりな人が好きです」という松山は、今回の「さんま御殿」出演にあたって書いた番組アンケートには「興味のある異性のタレントさんに、渡辺さんの名前を書いた」と告白、そのまさかの指名に渡辺も思わず「ええっ!」と驚いた。

そして「きょう初めて、生で(渡辺の)声聞きましたけど、声もセクシーだし」とかなりお気に入りの様子。「どういうつもり!?」と聞く渡辺に「どういうつもりもないですけど!」と強い言葉を返す松山だったが、実は番組収録前には渡辺の楽屋へ「ニヤニヤしながら」挨拶に行っていたそうだ。

松山は「セクシーなんですよね、なんか」とニッコリ。しかし、番組MCの明石家さんま(60歳)は自身もぽっちゃり好きだとした上で「渡辺はちょっと痩せて欲しいか…」と、自分が抱くぽっちゃり基準からは外れているとの見解を示し、松山の好みとはやや異なるようだ。また、渡辺自身もそんな松山の好みを意外に感じていた。