○ 巨人 5 - 4 ヤクルト ●

<12回戦・東京ドーム>

 巨人打線が久々に繋がり鮮やかな逆転勝ち。連勝で勝率を5割に戻し、敗れた阪神と入れ替り再び首位に立った。

 巨人は1点ビハインドで迎えた2回、この日6番に下がった阿部が、自身14打席ぶりのヒットとなる5号ソロを放ち同点。再び3点リードを許した6回は、第84代4番に抜擢された亀井のヒットなどで一死満塁の好機を作ると、5番長野が3点タイムリー三塁打を右中間へ運び、4-4の同点に追いついた。

 さらに続く一死三塁のチャンスで、阿部が犠牲フライを放ち逆転。組み替えた打線が集中打を見せ、ヤクルト先発の小川をこの回限りでノックアウトした。

 投げては先発の高木が5回4失点で降板したものの、6回以降は宮国、山口、マシソン、沢村が揃って好救援を見せ、2番手の宮国が今季初勝利を手にした。

 長野とともにお立ち台に上がった阿部は「ずっと苦しい思いをして、やっと打てました」と安堵の表情。打順が4番から6番に下がったが、「打順は関係ない。もっともっとやれると信じている」と力強く語った。