マイケル・ダグラス

写真拡大

往年の俳優カーク・ダグラスの最初の妻で、マイケル・ダグラス(『ウォール街』、『恋するリベラーチェ』)の母親として知られる女優ダイアナ・ダグラスが7月4日、92歳でこの世を去ったことがわかった。

【関連記事】【お先見!海外ドラマ日記】マイケル・ダグラスとマット・デイモンの衝撃的なラブ・シーンも! 伝説のピアニスト、リベラーチェの私生活を描いた『Behind the Candelabra』

米Deadlineによると、ダイアナは以前よりがんを患っており、ロサンゼルス郊外のウッドランドヒルズにある施設で、7月3日に息を引き取ったという。

検事だった父親が派遣されていたイギリス領バミューダで生まれたダイアナは、その後ニューヨークに移り、入学した演劇学校でカークと知り合った。1943年に二人は結婚し、長男のマイケル、二男のジョエルをもうけるも、1951年に離婚。その後再婚した相手と1991年に死別した後は、現在の夫ドナルド・ウェブスターさんと3度目の結婚をしていたようだ。

ダイアナは、1974年の米ABCのドラマ『少年カウボーイ』に出演するなど、数多くのドラマや映画に出演。晩年も、『コールドケース』や『ザ・ホワイトハウス』などの人気番組にゲスト出演するなど、精力的に活動していた。また、2003年には『グロムバーグ家の人々』で、元夫のカークと夫婦役で出演、また息子マイケル、マイケルの息子でダイアナの孫にあたるキャメロン・ダグラスとの共演を果たしていた。

ダイアナのご冥福を心からお祈りしたい。(海外ドラマNAVI)

■関連記事・『アグリー・ベティ』ヴァネッサ・ウィリアムスが3度目の結婚!オーランド・ブルーム、ブラジル人女優ルイザ・モラエスと交際中!?ベン・アフレックとジェニファー・ガーナー、破局後も同じ敷地内に住む