「ロバート・アルトマン
ハリウッドに最も嫌われ、そして愛された男」ポスター (C)2014 sphinxproductions

写真拡大

 米インディペンデント映画の父の素顔に迫るドキュメンタリー「ロバート・アルトマン ハリウッドに最も嫌われ、そして愛された男」の公開日が10月3日に決定し、このほど「何もかもが型破り!」というコピーとともに、演出をする巨匠アルトマンの横顔をとらえたポスター画像がお披露目された。

 ジャンルを壊し、タブーを恐れず撮影・録音方法に革命を起こし、ハリウッドに拒絶や酷評されても、自由に映画を撮り続けたアルトマンは、コーエン兄弟、ポール・トーマス・アンダーソン、アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥら、後の多くの映画監督や俳優に影響を与え、カンヌ、ベルリン、べネチアすべてで最高賞、アカデミー賞では名誉賞を受賞した天才監督として知られる。

 映画は、妻キャサリンの全面協力のもと、現場での貴重なオフショット、豪快なギャンブラーでありながら優しき家庭人だった素顔など、生前のアルトマンの映像ととともに、巨匠を敬愛する俳優や監督が「アルトマンらしさ」を語るインタビュー、度肝を抜かれる初期の産業映画や未公開作品、微笑ましいホームムービーなど、センスよく選び抜かれた映像でアルトマンの姿をひも解いていく、映画ファン必見の一作だ。

 「ロバート・アルトマン ハリウッドに最も嫌われ、そして愛された男」(http://bitters.co.jp/altman/)は、10月3日YEBISU GARDEN CINEMAほか全国順次公開。