テッドとの再会に乾杯しようぜ! (C)Universal Pictures

写真拡大

 言葉を話す下品な中年テディベアと、その親友である冴えない中年男性ジョン(マーク・ウォールバーグ)が騒動を巻き起こすコメディの続編「テッド2」の最新予告編とポスター画像が公開され、前作以上にぶっ飛んだストーリーの一端が明らかになった。

 今回の予告編では、重々しい音楽が流れるなか「この夏、あのダークヒーローが帰ってくる」という言葉が浮かび、「スター・ウォーズ」のダースベーダーを思わせる息づかいが徐々に大きくなる。だがその正体は、シュノーケルと足ひれをつけたテッド。ドヤ顔のテッドがニッコリほほ笑むと、一転して明るいムードへと転換する。

 バイト先で知り合った恋人タミ・リン(ジェシカ・バース)と結婚したテッドが、子作りのためには自分が人間であると証明する必要があると知って途方にくれ、ジョンを連れて弁護士サマンサ(アマンダ・セイフライド)の元を訪れるまでが描かれる。映像では、テッドが公園にいたカモに空中に連れ去られるほか、なぜか女装姿で路上に立ち、果ては猟銃をぶっ放すなど、これまで見られなかった過激なシーンがてんこ盛り。最後は、人権を勝ち取るため行儀よくふるまう必要があるテッドが、サマンサに20分だけ運転を許されて有頂天で車をかっ飛ばした結果、車が空を飛ぶという衝撃的な展開で幕を閉じる。

 一方、ポスタービジュアルは、第1作ではテッドがビールを飲んでいたのに対し、今回は正面を向いて乾杯のポーズを取るものへと変化。「また、モフモフしようぜ!!」というキャッチコピーも相まって、前作から約2年ぶりの再会を祝福する仕上がりとなっている。左下にちょこんとあしらわれた潜水服姿のテッドも、新たな冒険を予感させる。

 「テッド2」は8月28日から全国公開。