「ピエロがお前を嘲笑う」ポスター (C)Wiedemann & Berg Film GmbH
& Co. KG, SevenPictures Film GmbH
2014; Deutsche Columbia Pictures Filmproduktion GmbH

写真拡大

 ドイツの大ヒットサイバースリラー「フー・アイ・アム ノー・システム・イズ・セイフ(原題)」の邦題が、「ピエロがお前を嘲笑う」に決定し、ポスタービジュアルが完成した。アノニマスを彷彿とさせる仮面の男が強烈なインパクトを放ち、「106分間、あなたが目にしたものは、果たして真実か?」というキャッチコピーが、張りめぐらされたトリックを予感させる。

 ドイツ・アカデミー賞で6部門にノミネートされ、ハリウッドリメイクが決定した話題作。米バラエティの「世界で注目すべき監督10人」に選出された新星バラン・ボー・オダー監督のメガホン、「コーヒーをめぐる冒険」のトム・シリング主演で、危険な陰謀に巻き込まれた天才ハッカーを描く。人気エレクトロユニット「ボーイズ・ノイズ」が、映画に楽曲を初提供している。

 天才ハッカーのベンヤミンは、ハッカー集団「CLAY」のもとで何件もハッキング事件を起こし、ついには殺人事件の容疑者として追われていた。しかし、ある日突然ベンヤミンが警察に出頭し、「盗んだ情報をきっかけに殺人事件が起こってしまい、今度は自分の命が狙われている」と告白する。しかし、ベンヤミンの話と事実には不可解な食い違いが生じていた。

 「ピエロがお前を嘲笑う」は、9月12日から東京・新宿武蔵野館ほか全国で公開。劇場公開に先駆け、「カリテ・ファンタスティック!シネマコレクション2015」で上映されている。