オーディションで出演を勝ち取った21人の若手女優たち

写真拡大

 平田オリザ氏の戯曲を本広克行が演出する舞台「転校生」に出演する21人が決定した。堺正章&岡田美里を両親に持つ堺小春や、「ネスレキットカット」の2014年受験生応援キャラクターを務めた桜井美南、舞台「ライブ・スペクタクル『NARUTO ナルト』」でヒロインに抜てきされた伊藤優衣ら、21世紀に羽ばたく若手女優たちが女子高生役を演じる。

 人気アイドルグループ「ももいろクローバーZ」の5人を主演に迎え、平田氏の処女小説「幕が上がる」を映画化&舞台化した本広監督が、再び女子高生たちの群像劇に挑む。今回は若手女優発掘プロジェクトとして、出演者全員を公募オーディションで選出。18〜27歳を対象にしたオーディションには1474人の応募があり、書類による1次審査で121人に絞り込まれた後、2次審査としてワークショップを実施した。

「転校生」は1994年の青山演劇フェスティバルで初演されて以来、高校演劇のバイブル的存在となっている現代口語演劇の秀作。身近に起こっている出来事を通し、人間の不確定さを浮かび上がらせる。本作を映画版&舞台版「幕が上がる」の集大成だという本広監督は、「今の自分がもてるすべての演出方法を使って、舞台『転校生』を表現できればと考えています」と意気込みを語った。

 出演者は以下の通り(50音順)。

逢沢凛、秋月三佳、芦那すみれ、生田輝、石山蓮華、石渡愛、伊藤優衣、伊藤沙莉、今泉玲奈、折舘早紀、川面千晶、堺小春、坂倉花奈、桜井美南、清水葉月、多賀麻美、永山香月、藤松祥子、南佳奈、森郁月、吉田圭織

 PARCO Production「転校生」は、8月22日〜9月6日に東京・Zeppブルーシアター六本木で上演。