SF、タイムスリップ、ホラーといった要素をあわせもつ意欲作 (C)2014 CAMSET FILMS, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

写真拡大

 「バイオハザード」シリーズのアリ・ラーターが主演したホラー映画「ディアボリカル」が、8月22日から公開されることが決定し、あわせてポスタービジュアルがお披露目された。ミュージックビデオ出身のアリステリア・ルグラン監督がメガホンをとり、SF、タイムスリップ、ホラーといった要素をあわせもつ意欲作を完成させた。

 ある家族に降りかかった“呪い”と、その真相を突き止めようと奮闘する女性の姿を描く本作。インディペンデント映画の新鋭が集う「SXSW(サウス・バイ・サウスウエスト)映画祭」で大きな反響を呼んだことで知られている。

 幼い息子、娘とともに暮らすシングルマザー、マディソン(ラーター)は、夜ごと起こる怪現象に悩まされていた。謎の発光や振動が度々発生し、体が血まみれの怪人が出没。警察からはは相手にされず、原因はまったくわからないなか、怪人の恐怖はエスカレートし、マディソンの子どもたちをも襲い始める。科学教師で恋人のニックとともに調査を開始したマディソンは、やがて時空の概念を超えた真実に迫っていく。

 ポスターでは、「恐怖は、時を超えた。」というキャッチコピーとともに、ボロボロに崩れた顔らしきものが煙のなかに浮かぶ様子をとらえており、単なるホラーにとどまらない物語を象徴するビジュアルに仕上がっている。「ディアボリカル」は、8月22日から東京・渋谷TOEIほか全国で公開。