ローマのワルテル・サバティーニSDは、ルディ・ガルシア監督にプレゼントするセンターフォワードを探している。そして、エディン・ジェコと合意に達した。

サバティーニSDとジェコの代理人は、年俸450万ユーロ(約6億1000万円)の4年契約で合意している。だが、ここからが難しい。ジェコが所属するマンチェスター・シティを説得しなければならない。そして、要求とオファーの差はかなり開いている。

ジェコのローマ移籍は、サバティーニSDがこれからの数週間でほかの選手たちの売却をまとめられるかどうかにかかっているだろう。

セイドゥ・ドゥンビアはロシア復帰を希望しており、CSKAモスクワと解決策を探しているところだ。マッティア・デストロはリーグアンとプレミアリーグの間で揺れている。ジェルビーニョも依然として放出候補のままだ。

すべての選手たちを放出し、3000万ユーロ(約41億円)を手にすることができれば、サバティーニSDにとってマンCとの交渉はより簡単になるだろう。