「うるう秒」挿入 8時59分60秒の瞬間に見学者から歓声も

ざっくり言うと

  • 1日、普段は存在しない午前8時59分60秒(うるう秒)が挿入された
  • NICTに設置された時計に「60秒」の表示が出ると見学者からは歓声があがった
  • うるう秒の挿入は、昭和47年に初めて実施して以来、今回が26回目とのこと

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング