iPhoneやXperiaでのネットショッピングがおトクな理由と落とし穴とは

写真拡大

これまで “ネット通販”といえば、パソコン利用が主流だったが、それは昔話しになりつつあるようだ。

視聴行動分析サービスを提供するニールセンが2013年4月から1年間の期間におこなった調査によると「スマホからネットを利用するユーザーがパソコンを上回った」と発表している。
20代と30代では、パソコンよりスマホ利用が圧倒的に多く、特に20代では、パソコン利用者数の約2倍にもなっているとの調査結果がでている。

iPhone 6 PlusやXperiaなどの大画面スマホが主流となったいまは、ネット通販も、パソコンがなくても快適に利用できるようになっている。

パソコン利用からスマホ利用へとシフトしている背景には何があるのだろうか。

ネット通販でもスマホを使いたくなるには、以下のようなメリットが考えられる
・大画面(5インチ以上なら快適度向上)
・いつでもどこでも欲しいと思ったら、すぐにアクセスできる
・専用アプリから購入すると2倍や3倍のポイントアップキャンペーンがある

使う場所が限定されないことは、欲しときにすぐ利用できるので、とても便利だ。

しかし、最大のメリットは“ポイント”なのではないだろうか。

ネット通販サイトによっては、購入代金に対して、値引きなどに使えるポイントが貯まる。
スマホ以外からの購入時では1000ポイントしかもらえないが、キャンペーン期間中にスマホ専用アプリから購入するだけで2000ポイント、3000ポイントも、もらえてしまうからだ。

実は、筆者もポイントキャンペーンなどを利用してポイントを貯め、1万円の商品を5000円ほどで購入した経験がある。
おトクに買えたときの気分はサイコーといえる。

●大画面になったiPhoneやXperiからネット通販を利用するときの注意点
スマホでのネット通販では、タッチ操作で「商品を間違えて購入」しないように注意が必要だ。

当たり前のことに思えるかもしれないが、これが意外と大きな落とし穴なのだ。
外出先や友人と話しながらタッチ操作をしていると、サイズやカラーなど、違った商品をうっかりタッチして気がつかないうちに注文確定してしまうことがあるのだ。
注文確定する前には、必ず画面を拡大し、サイズやカラー、数量などを確認するようにしよう。

また、ネット通販ではワンクリックで購入できるサイトも多くなっている。
「商品詳細を見ようとしたら間違えて、注文確定してしまった」などとならないように、こちらも注意したい。

オンラインショッピング/動画サイトはスマホへシフト ニールセン インターネット利用のPCからスマホへのシフト状況を発表
布施 繁樹