6月29日に、ご成婚から四半世紀を迎えた秋篠宮さまと秋篠宮妃紀子さまは、A4の用紙9枚にわたる対談形式の感想を発表された。「出会い」から「結婚にむけた準備」、「子どもたちのこと」などの項目に分けて、おふたりは30年近い歩みを率直に語られている。

そのなかで秋篠宮さまは、3人のお子さま方についても、それぞれ興味深い内容を言及されている。現在、英国のレスター大学大学院に留学中の眞子さまから、父の日のカードが送られてきたという秋篠宮さまだが、

《普段は必要最小限の連絡事項をメールでしているだけなので、妙にうれしい気分になりました。久しぶりだったからかな》

そう親心を吐露されると、紀子さまも、

《すてきですね。私も眞子より母の日に羊の親子のカードを受け取りましたときは、胸が熱くなりました》

長男の悠仁さま(8)も、《しばしば折り紙などの作品を届けてくれます》(秋篠宮さま)

《絵を描いたりするほかにも、切り紙をしたり、厚紙で入れものつくったり》(紀子さま)

というように、ご夫妻で成長を実感されているようだ。

そして、国際基督教大学(ICU)に入学した佳子さまとの「父娘デート」秘話も披露された秋篠宮さま。珍しくおふたりで買い物に出かけられたというが、

《父親にたいしてつっけんどんな態度のことが多い》

と、いつも秋篠宮さまにはツンツンされているという佳子さま。しかし、このときは、

《意外と優しいところもあり、私が自由に選んだものについて、代わりに会計をしてくれました》

デレっと優しくなられることもあるようだが、帰りにそのままプレゼントを持たせていると、佳子さまから注意されたというオチまで……。