アギーレ氏が日本代表監督への熱意を告白「自分の最後の作品に」

ざっくり言うと

  • アギーレ氏が、日本代表監督について熱意を抱えていたことを明かしている
  • 「私にとって4年間にわたる、自分の最後の作品になるはずだった」と話した
  • 不本意な形で終えたが、アル・ワハダの指揮官に就任することが発表された

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x