テルモやNTTドコモなどの企業14社が6月22日に、「KENKO企業会」を設立したことを発表した。同会は、社員だけでなく、その家族も含めた約30万人の健康増進を目指すヴァーチャル健康コミュニティだとしている。

同会は、会員各企業がボランティアベースで集い、それぞれの健康管理プログラムやノウハウの共有を行ったり、新しいアイディアを出し合うなど、相互のベンチマーキングを通じてレベルアップを図ることを目的としている。

また、会員間の交流にとどまらず、会員以外の企業にも情報提供を行い、同会参加の輪を広げながら、健康増進のリーディングカンパニー集団となるべく展開していく構えだ。

具体的なテーマに関しては、歩く、運動、食事、禁煙、BMI、血圧、血糖、受診率などが検討されており、将来的には取り組み結果を集約、検証し、より効果的な手法の開発、施策の改良改善を目指すという。

「KENKO企業会」設立メンバー14社は下記となる。社員数は合計で約12万人だという。

・ABC Cooking Studio
・NTTドコモ
・オムロン ヘルスケア
・協和発酵キリン
・グリーンハウス
・第一生命保険
・大日本印刷
・タニタ
・帝人
・テルモ
・ニトリホールディングス
・三越伊勢丹ホールディングス
・LIXILグループ
・ルネサンス