【夜泣き】ママの頑張りすぎが原因を作っていた!? 赤ちゃんの“マイブーム”心理と改善策

写真拡大

赤ちゃんの「夜泣き」、実はママが作ってしまった赤ちゃんのマイブームのための要求泣きなんですよ。

【赤ちゃん】"寝言泣き"に要注意! 「夜泣き専門保育士」に聞いた、安眠のための改善方法

赤ちゃんは何も知らない状態でこの世に生れてきます。だから、周囲の大人がしてくれたことで心地良いことを見つけると、新しいことを見つけるまでずっとそれを繰り返します。
つまり、赤ちゃんにマイブームができてしまうのです。

このマイブームで、ママは寝不足に陥り最悪の場合育児ノイローゼになることも……。

夜泣き改善策を考えるとともに、どうして赤ちゃんにこんなマイブームができてしまうのか、赤ちゃんの心理を探り、元心理カウンセラーの筆者が解説します。

赤ちゃんには40分の睡眠サイクルがある!

赤ちゃんにも睡眠サイクルがあって、大人と同じようにレム睡眠(浅い眠り)とノンレム睡眠(深い眠り)を繰り返し、レム睡眠からノンレム睡眠、そして次のレム睡眠に戻るまでを1つの睡眠単位としています。

この睡眠単位が大人の90分に比べて赤ちゃんは40分と短いのです。

そもそも睡眠単位のほとんどがノンレム睡眠で、レム睡眠の時間は短く、大人の場合でも10〜20分くらいです。もともと大人よりも睡眠単位が短い赤ちゃんのレム睡眠の時間はもっと短いでしょう。

このレム睡眠の短い間に、赤ちゃんも寝言を言うことがあります。
赤ちゃんは言葉を話せませんので、寝言も小さな泣き声のように聞こえてしまいますので、寝言泣きといわれています。そして、寝言はレム睡眠のときにしか言いません。

だから寝言泣きは少しの間我慢すれば、赤ちゃんはノンレム睡眠に入り、自然と泣きやむわけです。40分ごとに繰り返すかもしれませんが……。

そして3時間ごとに赤ちゃんはしっかりと目覚め、ミルクのご飯タイムを主張する要求泣きを始めます。このように赤ちゃんには、寝言泣きと要求泣きの周期があるのです。

赤ちゃんの夜泣き習慣はママが作った!?

赤ちゃんは寝ぼけて寝言を言っている(寝言泣き)のときに、突然抱っこされて、ミルクを与えられたり、おむつのチェックをされたりするのです。
赤ちゃんからすると、迷惑この上ない行為です。だから泣き始めます。

しかし、しばらくするとミルクでお腹いっぱいになり、ママの抱っこで気持ち良くなって、さっきの不機嫌は消え、再び睡魔に襲われ、スヤスヤが始まります。

こうして「ミルクと抱っこ」が赤ちゃんの眠りの合図のマイブームになってしまうのです。

しかし、これでは赤ちゃんは睡眠不足になり、睡眠周期が乱れて今度は眠れない不満泣きを続けてしまうかもしれません。
赤ちゃんも眠れずに苦しいので、眠るためにママの抱っことミルクを求めます。それでもお腹がすかなかったりもします。わけがわからず赤ちゃんは泣きます。

こんなふうに、赤ちゃんもママもわけがわからないまま一晩中眠れなかったりすることも。
そんな赤ちゃんは、疲れて昼間に夜の睡眠不足を解消するでしょう。こうして赤ちゃんは、昼夜逆転生活を始めてしまいます。

もし、単に赤ちゃんの体内時計が昼夜逆転しているだけで夜泣きが起こっているなら、朝7時か8時といった決まった時間に赤ちゃんを起こして太陽の光を浴びさせ、ミルクをあげましょう。これで赤ちゃんの体内時計はリセットされ、夜眠ってくれるようになり、夜泣きは終わるでしょう。

それでも、夜泣きの激しい赤ちゃんの場合は、マイブームが出来上がってしまって、眠りの合図のマイブームが「お腹一杯になってママの腕の中で眠ること!」となってしまっている可能性が高いでしょう。

夜泣き防止策は、快適な睡眠を守る工夫にあった!

布団に降ろした途端に、火をつけたように泣き始める赤ちゃん。「スヤスヤ眠っていたはずなのに何故?」と思うママも多いでしょう。そこで、赤ちゃんの立場になって、その理由を解説しましょう。

<スヤスヤ眠り始めた赤ちゃんが急に泣きだす理由とは?>

まず、ミルクを飲み終えた後、ママの腕の中でスヤスヤ眠っている赤ちゃんの体勢を考えてみてください。赤ちゃんは、背中を丸くして座ったような状態のままママに体を預けているでしょう?

このとき、赤ちゃんはレム睡眠中です。脳が起きていますので、ちょっとしたことで目覚めやすくなっています。いくら静かに布団に降ろしたとしても、赤ちゃんは仰向けにされるのですから、姿勢が大きく変わったことで、目が覚め泣き始めるわけです。

さらに、ベビーベッドのお布団は、ミルクの間放置されているのですから、少なくともママの体温よりは冷えているでしょう。眠り始めたばかりのレム睡眠中の赤ちゃんからすると、急に体勢が変わって、「なに……???」と感じもウトウト状態になっているところへ、突然背中がヒヤッとするのですから、「冷たい!!」とビックリ飛び起きた感じで大泣きになってしまうわけです。

あなただって、気持ちよく眠っているときに、背中に氷嚢を入れられたら、ビックリして飛び起き、文句を言いませんか?赤ちゃんも、そんな感じで大泣きしているのです。

それに加え、赤ちゃんの場合、「ママの腕の中で眠る快感」というマイブームが叶っていないことに気づいて、抱っこへの要求泣きにもなっています。

急な夜泣きの回避方法とは?

しかし、一晩中の抱っこを要求することは、ママには過酷なことです。でも、赤ちゃんにはそんなことわかりませんので、赤ちゃんに気づかれないようにする方法で回避するしかないのかもしれません。

つまり、赤ちゃんをビックリさせなければいいのです。赤ちゃんは敏感ですから、布団の上に降ろす時に赤ちゃんの体勢をなるべく変えずに、さらに体温変化も生じないように工夫すればいいのです。

この2点を防止する良い方法をご紹介しましょう。

・ タオルやおくるみでくるんだ状態で寝かしつける!
 →ベッドに降ろす時、体温差が少なくなるだけでなく、姿勢が大きく変化しない
・ 授乳クッションのまま抱っこしてそのままベッドに置く!

夜泣き改善はママにお任せではなく、家族で取り組みましょう

幼児の寝言は“個性”と我慢してもらえるのに、赤ちゃんの寝言泣きは夜泣きに間違えられ、ウルサイと黙らせるなんて、かわいそうだと思いませんか?

本来赤ちゃんの躾のためには、“寝言泣き”と“生きるための要求泣き”をしっかりと聞き分け、寝言泣きは多少うるさくても無視するのが一番です。家族には、耳栓をして我慢してもらいましょう。

そして、ママが夜中に寝不足になったときは、気軽にパパに育児を代わってもらえるような、“ママが気軽に休憩できる家庭環境”を家族みんなで作るのも大切です。

しかし、そんな家庭環境を「パパの愛で自発的に与えられる!」のを期待するのは、難しいのだということを認識してください。

パパは男性なので、産みの苦しみを知らず、まだママのように赤ちゃんを自分の分身とは思えないのです。父親の実感も定かではありません。
でも、パパだって父性を実感したいと願っているはずですから、わからないことを責める前に、わからないパパをかわいそうだと思って、的確な指示を添えてお願いしてみましょう。

少し育児に参加するだけでパパの父性も目覚め、大喜びで少しずつではあっても自ら進んで育児に参加してくれるようになるでしょう。後はパパの愛に期待してもいいかもしれません。

家族を気遣い、がんばっている新米ママほど、赤ちゃんに夜泣きをさせてしまう傾向が高いのです。だから、「赤ちゃんの夜泣きは元気な証拠!」くらいに考えましょう。

そんなふうに考えるのは難しいかもしれませんが、子育てに頑張る過程で、ママもパパもアタフタしながら、少しずつ親になっていくのですから、焦らないことが大切です。

できないことを恥じるのではなく、できたことを喜びましょう!
そう考えると、子育てが楽になるかもしれませんよ。