女優業はもちろん、バラエティ番組でも大活躍の松岡茉優/[c]本多孝好/集英社[c]2015「ストレイヤーズ・クロニクル」製作委員会

写真拡大

NHKの連続テレビ小説「あまちゃん」の出演がきっかけで一躍有名となった松岡茉優。連続ドラマ「She」では初主演を飾ったことも記憶に新しいが、彼女がかつて「おはスタ」の“おはガール”だったことは知る人ぞ知る事実だ。そしてこの「おはスタ」時代に培った(?)松岡のバラエティ能力がいま注目されている!

【写真を見る】モモ(松岡茉優)が、ものスゴい勢いで口から“鋲”を発射!/[c]本多孝好/集英社[c]2015「ストレイヤーズ・クロニクル」製作委員会

深夜のバラエティ番組「うつけもん」ではお笑いコンビ・おぎやはぎとMCを務め、旅バラエティ「正直女子さんぽ」では関根麻里&柳原可奈子らと一緒に“正直三姉妹”のひとりとして食レポにも挑戦している松岡。

物怖じしない発言に加え、絶妙にして独特な言葉選び、無言も辞さない当意即妙のリアクション、飾らない自然体の魅力が相まって、現在はバラエティでも重宝されているようだ。

そんなバラエティ能力に長けた松岡だが、本業の女優でも新たな能力(?)を披露。最新出演作『ストレイヤーズ・クロニクル』(6月27日公開)で、特殊能力を操る女子高生を演じているのだ。

バラエティの陽気なイメージから一転、松岡扮するモモは悲しき宿命を背負い、どこか暗い雰囲気を漂わせる女の子。テッポウウオの遺伝子を混合され、口から強力な“鋲”を発射できる能力を持つ。敵に向かって口からビュンビュン鋲を放つなど、松岡にとってかつてない役柄と言っていいだろう。

本作で役者としてのポテンシャルの高さを改めて証明した松岡。人気漫画を映画化した『猫なんかよんでもこない。』(2016年公開)を控えるなど、女優業も絶好調だ。同世代の若手女優陣とは一線を画す彼女から、今後も目が離せそうにない。【トライワークス】