パトリック・オズボーン監督 Photo by Ethan Miller/WireImage/Getty Images

写真拡大

 20世紀FOXアニメーションが、ベストセラーのグラフィックノベル「Nimona」の映画化権を獲得したと、ハリウッド・レポーター誌が報じた。

 アカデミー賞短編アニメーション賞受賞した「愛犬とごちそう」を手がけたパトリック・オズボーン監督がメガホンを握ることになる。ノエル・スティーブンソン原作の「Nimona」は中世と未来とをマッシュアップした世界を舞台に、いろんな姿に変わることができる主人公が騎士とタッグを組んで腐敗した政権を倒そうとする物語。

 今作が長編映画監督デビューとなるオズボーン氏は、ディズニーで「シュガー・ラッシュ」や短編「紙ひこうき」などに参加。「ベイマックス」ではアニメーション部門のトップを務めている。脚本はドリームワークスの重役から脚本家に転向したマーク・ハイムズが執筆するという。