続編の構想も明かした西村喜廣監督(右)と
斎藤工ら「虎影」キャスト陣

写真拡大

 俳優の斎藤工が6月20日、東京・新宿武蔵野館で行われた主演作「虎影」の初日舞台挨拶に登壇し、「今日まで“主演兼宣伝”というスタンスで取り組んでいた。単に公開初日を目指す宣伝ではなく、これからも手で届ける感覚を大切に、産声をあげた作品がどう育っていくか見守りたい」と決意を新た。「ぜひ皆さんも(映画の)宣伝担当になって」と観客による写真撮影も許可していた。

 かつて最強の名をほしいままにしながら、平穏な暮らしを求めた“抜け忍”虎影(斎藤)が、人質となった家族を救おうと、再び危険な任務に身を投じる忍者アクション。今夏公開される実写版「進撃の巨人」で特殊造形プロデューサーを務め、斎藤と長年の親交もある西村喜廣監督がメガホンをとった。

 トラの被り物で登場した西村監督は「漫画原作の映画が多いなか、完全オリジナルの作品を生み出すことができた」と誇らしげ。すでに4月に開催されたブリュッセル・ファンタスティック国際映画祭をはじめ、海外で旋風を巻き起こしており「いつか工と一緒に、海外の熱気を実感したい」(西村監督)、「ぜひ、『虎影』に海外で暴れまわってほしい」(斎藤)。続編の構想もあり、西村監督は「シリーズとして続けていきたい」と意欲を燃やしていた。

 初日舞台挨拶には共演する芳賀優里亜、しいなえいひ、津田寛治、石川樹くんが登壇。「(夫役の)斎藤さんのおかげで、樹くんと一緒に自然と家族になれた」(芳賀)、「リハもなく1日200カット撮る現場だったが、それが慣れっこになる」(しいな)、「寒い日のロケに、皆さん足袋だったのに、僕だけわらじでとても寒かったです(笑)」(樹くん)、「西村監督の初の時代劇ですから、何としても出演したかった」(津田)と振り返った。

 「虎影」は公開中。