世界21カ国で公開決定!

写真拡大

 三池崇史監督の「極道大戦争」が6月20日、全国90スクリーンで公開初日を迎え、主演の市原隼人、共演の成海璃子、リリー・フランキー、高島礼子、青柳翔、でんでん、坂口茉琴らキャスト陣が東京・TOHOシネマズ新宿で舞台挨拶を行った。

 “ヤクザバンパイア”に噛みつかれた人間は、ヤクザ化してしまうという異色の世界観を打ち出したオリジナル作品。市原は「唯一無二の作品に出来上がったと思います」と自信をみなぎらせる。本作は、第68回仏カンヌ映画祭の「監督週間」で上映され、「日本映画ではオリジナルをやることは難しいといわれているなかで、ここまできて、カンヌでも多くの方々に笑って喜んで頂いて、本当にすごいと思います。台本を読んで、狂っているな、すぐやりたいと思いました」と出演の経緯を明かした。

 そしてこの日、北米を含む世界21カ国での公開決定が発表された。市原は「本当にすごいですね、何なんでしょう、ボーダーラインを壊すようなこの怪物的な破壊力。ほかの国でも、多くの方々に楽しんで頂けることを願っています」と期待を込めた。

 リリーは、「この映画を初日に見たいという人は、本当に映画が好きな人。みなさんご覧になった後ということで、ぼんやりした気分でしょうか。何だったんだという」とポツリ。この日、三池監督は新作撮影のため出席できず、リリーは「三池さんはこのお客さんのリアクションを見たくなかったんでしょうかね。コンビニのバイトでどうしても抜けられないということで、今日はお休み。三池監督じゃないと企画が通りすらしない(作品)。俺、まさか公開されるとは思っていなかった」とジョークを飛ばしていた。

 また、劇中で“狂犬”を演じたヤヤン・ルヒアンから「やばい! やべえよ! 次の作品にも呼んでくれよな!」とメッセージが届けられ、さらに壇上では、マスコットキャラクターのKAERUくんが、アクション演舞と瓦割りを敢行。「劇団EXILE」の青柳とともに、「Choo Choo TRAIN」のダンスを披露するなど大暴れで、リリーから「KAERUくんは着ぐるみを着て顔が見えないから、すべることを恐れないですね」とツッコミを入れられていた。