KAERUくん、青柳翔(劇団EXILE)、高島礼子、成海璃子、市原隼人、リリー・フランキー、でんでん、坂口茉琴が登壇(左から)

写真拡大

第68回カンヌ国際映画祭で注目を集め、世界21ヶ国での公開も決定した、鬼才・三池崇史監督の“極道エンターテインメント”映画『極道大戦争』。本作の初日舞台挨拶が、6月20日(土)、TOHOシネマズ 新宿にて開催され、主演の市原隼人をはじめ、成海璃子、リリー・フランキー、高島礼子、青柳翔(劇団EXILE)、でんでん、坂口茉琴、KAERUくんby三元雅芸ら出演者が登壇した。

【写真を見る】「他の国でも多くの方に楽しんでいただけるように願っています!」と話した市原隼人

『極道大戦争』は、噛みつかれてヤクザ化した人々が壮絶な戦いを繰り広げるという奇想天外なアクション映画。不死身のヤクザ組長(リリー・フランキー)に首筋を噛みつかれ、ヤクザヴァンパイアとなった主人公(市原隼人)が、街の人々を巻き込んで、命を狙う刺客たちと抗争を展開していく。

同イベントでは、そんな劇中の設定にちなんで、「噛まれたら何になりたい?」という質問がキャスト陣に投げかけられた。市原は「大阪のおばちゃん」、成海は「好きなので、ジム・キャリーです。みんながあれくらいテンション高ければ良いなと」、高島は「鳥になりたい。空から地上を見たいんです」、坂口は「格好良いので、市原隼人さんになりたいです」とそれぞれ願望を発表。最後にKAERUくんが「EXILE」と言ってダンスを披露し、会場を沸かせた。

さらにメンバーは、本作についてコメント。市原は「すごいオリジナルの映画で。台本を見たときは狂ってるなと思ったんですが、すぐ出たいと思いました」と話し、リリー・フランキーは「この映画を初日に見たい人っていうのは、本当に映画が好きな人なんですね。余程、もの好きな(笑)。カンヌも沸いたということですが、世界にも、もの好きがいるんだなと思いましたね」と苦笑い。

高島は「見終わったあと、主人(俳優の高知東生)と2時間くらい大討論会をしました。よく分からない映画なので(笑)現場では監督についていくだけでしたね。見る方の感性によって見え方が違って見える深い映画です」とアピールし、でんでんは「(内容がハチャメチャなので)脚本を見たとき、まだこれは(脚本が決定する前の)準備稿だろうと思ったんですよ。ハハハ!」と、無事に映画化されたことを喜んでいた。

またイベントのラストには、北米公開されることがサプライズで発表され、KAERUくんが大ヒットを祈願して瓦割りに挑戦!市原は「他の国でも多くの方に楽しんでいただけるように願っています!」と目を輝かせていた。【取材・文/平井あゆみ】