佐藤浩市が妻からの手紙に男泣き!

写真拡大

佐藤浩市と樋口可南子が夫婦役初共演を果たした感動作『愛を積むひと』の初日舞台挨拶が、6月20日に丸の内ピカデリー1で開催。佐藤浩市、樋口可南子、北川景子、野村周平、杉咲花、吉田羊、柄本明、朝原雄三監督が登壇した。樋口が、佐藤の実際の妻が佐藤にあてたサプライズの手紙を代読し、佐藤は男泣きをした。

【写真を見る】北川景子と杉咲花は黒のワンピースで登壇

『愛を積むひと』では、妻・良子(樋口可南子)に先立たれた男・篤史(佐藤浩市)が、彼女の残した手紙によって再生していく姿をつづる。佐藤は「樋口さんが良子さんとして現場で接してくれて、ちゃんと映画になれて、同じ目的のなか、お客さんの前で立ってるこの日が来れて幸せです」と樋口に感謝した。樋口は佐藤について「いちばん心に残ったのは、時々取材で出てくる奥様のことで。奥様を本当に愛してるんだなあと感じました」と佐藤の愛妻ぶりについて語った。

サプライズ演出は、フォトセッション終了後にスタート。驚く佐藤を横目に、佐藤の妻からの手紙を読み上げる樋口だが「もし、自分が先に旅立つことになったら、良子さんのように大きな愛をもった嘘を、浩市さんや息子たちに突き通せるでしょうか?あんなにやさしい手紙を送ることができるでしょうか?私には自信がありません」といったくだりでだんだん涙声になる。

「結婚した当初、体があまり丈夫じゃない私は、自分が死んだら保険金で好きな映画を作ってねと、浩市さんに言ったことがありました。でも、役者の仕事しかできない浩市さんを残して旅立つことは、家族はもちろん、事務所のマネージャーさんや映画関係者の方々に、とてつもないご迷惑をかけることになり、とてもじゃないけどできません。私は、浩市さんをひとりにしないように、1日でも長く生きることを誓います」といった内容で、佐藤も静かに涙を流した。

読み終えた樋口は大粒の涙をぬぐいながら「この程度の涙で良かった。今朝、いただいて、あまりに良い手紙なので、メイクしながら泣きました。すばらしい奥様です」と佐藤の妻を称えた。佐藤は「まさかこんな姑息なことを宣伝部が考えるとは。不覚を取りました」と照れくさそうに苦笑いした。

舞台挨拶では、1日早い父の日のプレゼントとして、劇中で親子を演じた北川から佐藤へ、杉咲から柄本へ、ロケ地・北海道美瑛を彩る花、ラベンダーの花束も渡され、感動の舞台挨拶となった。【取材・文/山崎伸子】