学生の窓口編集部

写真拡大

「今日の服、どっちにする?」「お昼ごはん、どの店で食べる?」 人生は選択の連続ですが、これが仕事の話となると難しいですよね。

Inc.誌のベテラン編集ジェフ・ヘイデン氏が、後で必ず後悔することになる物事の選択肢や選択基準を、自身のLinkedInで紹介。アメリカの情報サイト「ビジネス・インサイダー」が取り上げています。

1. 勇気のない選択
選択は勇気をもって。また、勇気と怖いもの知らずを勘違いしないこと。

2. 努力を避ける選択
何かをやらずに後悔するくらいなら、努力する苦しみを味わうべき。

3. 未知への挑戦を避ける選択
挑戦を避けると、自分のチャンスを奪うことになる。

4. すぐに諦める選択
結論を出す前に、何度も十分にやってみるべき。

5. 動かない選択
現状を維持しているだけでは、決して良くはならない。
6. 手放すべきものをしつこく持ち続ける選択
嫌なことがあれば忘れる。無駄なことにエネルギーを費やさず、貴重な時間は好きな人と過ごすべき。

7. 素直に謝罪しない選択
プライドが傷付いても、謝るべきときはすぐに謝るのが得策。

8. 常に逃げ道を用意している選択
物事に本気で取り組めなくなる。

9. 自信満々すぎる選択
過剰な自信を持っていると、間違いや失敗に打たれ弱くなるため注意。

10. どうでもいい選択
「何もかもどうでもいい」という姿勢は、ただ傷付くことを恐れている証拠。

心身を健やかに保ちながら仕事で良い結果が出せるよう、選択を迫られた際は慎重に考えてくださいね。http://www.businessinsider.com/choices-you-will-always-regret-making-2015-6