彼のスペックは気になるけど……不快に思わせてしまう質問3つ

写真拡大

将来の結婚相手になるかもしれない彼には、聞いておきたいことってありますよね。子どもは何人ほしいとか、ペットを飼いたいなんて話も大切ですが、なによりも気になるのは金銭面に対してですよね。特に聞きにくいことだけど、きちんと聞いておきたいのが正直なところです。では男性側はそんな女性の質問を、どんなふうに考えているのでしょうか、聞いてみました。

Q.初対面の女性に聞かれたくないことがありますか?

年収:43.2%
貯金:23.2%
仕事内容:4.0%
その他:1.6%
そんなこと思わない:28.0%

ズバリ年収を聞かれるのが、1番嫌みたいですね。女性としては1番聞きたいことが1番聞きにくいという結果になりました。聞きたいこととはいえ、聞きにくいことなのは充分承知ですね。実際に聞かれたことは? またその詳しいエピソードとは? さらに聞いてみました。

■年収

「性格をみてほしいから」(28歳/自動車関連/事務系専門職)

「初対面でいきなり年収を聞くなんて失礼だと思う。気になるのは分かるが所持品や服装からそれとなく推測するぐらいにしてほしい」(31歳/機械・精密機器/事務系専門職)

「公表できるような優れた年収じゃないから」(28歳/小売店/販売職・サービス系)

「これに関してだけはドン引きって感情がわかるわ。初対面にいきなり金のこととかあり得ない」(27歳/通信/技術職)

いかにもお金目当てな女は嫌だ、と思われてしまいますね。また聞かれても堂々と答えられない数字の人が嫌がる傾向にあるようですね。初対面ならば、持ち物や服装で生活水準を予想するくらいにしといた方がよさそうです。

■貯金

「お金で判断されたくないから。お金で男を選り好む女性とはなしだから」(28歳/警備・メンテナンス/技術職)

「貯金を聞くなんて財産目的かと思ってしまう」(28歳/金融・証券/専門職)

こちらも年収と同じ「お金」感覚ですね。いまどきの男性は、女性を養っていくという感覚が少し薄いのかもしれません。貯金額を調査するのは、少し仲がよくなってからにした方がよさそうですね。

■仕事内容

「初対面の女性に仕事内容を聞かれることがよくあるけど、仕事から貯金や年収が多いか大体予想がつくので、聞かれたくない」(27歳/情報・IT/技術職)

「一部上場でエンジニアをしている為、給料がいいと思われたようで、合コンで年収をしつこく聞かれ、かなり気分が悪くなった」(32歳/電機/技術職)

仕事内容も、まぁ収入に直結してると思われてしまいそうです。お休みの曜日をきいたり、毎日の生活パターンを聞きたいだけの場合は「お仕事なにしてる?」という質問ではなく具体的に聞いたほうが、あなたの好感度が下がらないかもしれませんね。

■そんなこと思わない

「特に恥ずべき内容ではないので問題ない」(30歳/機械・精密機器/技術職)

「聞かれたくない項目はない。なんでも答えてあげたい」(23歳/機械・精密機器/営業職)

「いきなり具体的な話をして親しくなるパターンもある(笑)」(37歳/印刷・紙パルプ/クリエイティブ職)

何を聞かれてもOKという頼もしい意見もありました。きっとこの人達は聞かれても恥ずかしくない年収と貯金の持ち主なのでしょう。具体的な話で仲良くなれるなんて、年収が低ければいきなり話が終わるパターンもありますからね。自信のある男性も中にはいるようです。

初対面で聞くにはなかなかハードルの高い質問ですが、女性としても年齢を重ねると結婚相手にはシビアになってきますからね。お付き合いする男性も失敗したくはないはずです。聞きたいことを我慢する必要はありませんが、相手の気持ちも考えて上手に聞き出すようにしていきたいですね。

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2015年6月1日〜6月9日にWebアンケート。有効回答数132件(21歳〜39歳の働く男性)