子供を殺してしまう親が増えている背景に「環境の変化」

ざっくり言うと

  • 自分の子供を殺す10代、20代の親が多い気がすると筆者はつづっている
  • 殺される子供は節目の年齢である0歳、3歳、5歳が多い気がすると指摘
  • 環境の変化に親がついていけず、相談できる人もいないと分析した

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング