珍しく(?)上品な装いで登場したマイリー・サイラス/写真:SPLASH/アフロ

写真拡大

マイリー・サイラスがニューヨークで行われたamfARインスピレーション・ガラにクラシックなデザインのイヴニングドレスで登場したが、腕を上げるとワキの下にフサフサの赤毛が健在だったため、「まだ伸ばしていたのか」とファンにショックを与えている。

【写真を見る】しかし、腕を上げるとワキの下にはフサフサの赤毛が!/写真:SPLASH/アフロ

マイリーは『紳士は金髪がお好き』(53)でマリリン・モンローが着ていたイヴニングドレスを思わせるグラマラスな赤いドレスにサテンのロンググローブを着けて現れた。ドレスには大型のハートがあしらわれていて遊び心が感じられるものの、露出度の高い奇抜な格好の多いマイリーにしては上品な装いだった。

しかし、取材陣の呼びかけに応えて手を振るとワキ毛が露出し、エレガントなドレスと野性味あるワキ毛との落差の大きさがまたもや話題になっている。

アーノルド・シュワルツェネッガーの息子パトリックと破局して以来シングルのマイリーは、この日のガラには女性用のドレスを着たタイラーという男性の友人を同伴して出席した。マイリーの隣でポーズを取っているタイラーは、ドレスのプランジネックの胸元から黒い胸毛をのぞかせている。

マイリーはツイッターでタイラーを「ジェンダーのない人」と紹介し、「私がamfARのガラに同伴したタイラーを紹介するわ。24歳でニューヨーク在住なの。タイラーは同性愛者で人種混合でジェンダーのない人よ」と書いている。【UK在住/ブレイディみかこ】