ケネス・ブラナー 写真:James Veysey/Camera Press/アフロ

写真拡大

 1974年の映画版でも広く知られる、ミステリーの女王アガサ・クリスティの1934年の長編小説「オリエント急行殺人事件(またはオリエント急行の殺人)」の再映画化プロジェクトの監督として、「シンデレラ」のケネス・ブラナーが交渉中だと米The Wrapが報じた。

 米20世紀フォックスのプロジェクトで、始動が報じられたのは2013年末のこと。プロデュースをリドリー・スコット、サイモン・キンバーグ、マーク・ゴードンが務め、「ブレードランナー」続編の脚本家に起用されたマイケル・グリーンが脚色にあたる。

 「オリエント急行殺人事件」は、名探偵エルキュール・ポアロが登場するシリーズの1作で、イスタンブールを出発したオリエント急行列車内で起こった殺人事件と犯人探しのてん末を描く。

 シドニー・ルメット監督がメガホンをとった74年の映画版では、アルバート・フィニーがポアロ役で主演。ほか、ローレン・バコール、イングリッド・バーグマン、ジャクリーン・ビセット、バネッサ・レッドグレーブ、ショーン・コネリー、リチャード・ウィドマーク、ジョン・ギールグッド、アンソニー・パーキンスら豪華キャストが共演した。第47回アカデミー賞では6部門にノミネートされ、バーグマンが助演女優賞を受賞している。