ターミネーター

写真拡大

アーノルド・シュワルツェネッガー主演のSFアクション映画『ターミネーター』シリーズ、12年ぶりの最新作『ターミネーター:新起動/ジェニシス』。7月10日(金)に日本公開を迎える本作から、本編映像の一部が解禁された。

【関連記事】エミリア・クラークがサラ・コナーを熱演!解禁された本編映像はこちら

解禁された映像の一つ「命が惜しけりゃ乗って編」には、迫りくるT-1000(イ・ビョンホン)からカイル・リース(ジェイ・コートニー)を助けるために駆けつけたサラ・コナー(エミリア・クラーク)が「命が惜しけりゃ、乗って(Come with me, if you wanna live !)」と言い放つシーンが収められている。

これは、第1作目『ターミネーター』でカイル・リース(マイケル・ビーン)からサラ・コナー(リンダ・ハミルトン)へ、そして第2作目『ターミネーター2』ではT-800ターミネーター(シュワルツェネッガー)からサラ・コナーへと向けられる一言で、これまでのシリーズ作品へのオマージュとなっている。

本作に抜擢されるきっかけとなった大人気ドラマ『ゲーム・オブ・スローンズ』では、兄の言いなりだった大人しい少女デナーリスが、やがて力強い女王へと成長する姿を見事に演じたエミリア。今回の映像ではわずかな部分しか確認できないが、勇敢な女性サラ・コナー役としてどのような演技を見せてくれるのかますます楽しみだ。

7月6日(月)には、エミリアにとっては初めての来日も決定(シュワルツェネッガーはなんと通算16度目!)。東京・六本木ヒルズ・アリーナで開催される本作のジャパンプレミアに登場する予定となっており、海外ドラマファンにとっては、直にエミリアを見ることのできる絶好の機会だ。ぜひ、こちらにも足を運んでみてはいかがだろう。

映画『ターミネーター:新起動/ジェニシス』は、7月10日(金)全国ロードショー。(海外ドラマNAVI)

■関連記事・アーノルド・シュワルツェネッガー&エミリア・クラーク『ターミネーター:新起動/ジェニシス』で来日決定!『ターミネーター:新起動/ジェニシス』日本版ポスター&最新予告編が解禁!シュワルツネッガー12年ぶりにカムバック!『ターミネーター:新起動/ジェニシス』2015年夏公開決定!