「キンダガートン・コップ」の一場面 写真提供:アマナイメージズ

写真拡大

 アイバン・ライトマン監督、アーノルド・シュワルツェネッガー主演の1990年のコメディ映画「キンダガートン・コップ」が、リメイクされるようだ。

 米The Wrapによれば、米ユニバーサル・ピクチャーズの1440エンターテインメント・ディビジョンが着手しており、劇場公開ではなくDVDとしてリリースされる。

 「キンダガートン・コップ」は、ロス警察の鬼刑事キンブル(シュワルツェネッガー)が、麻薬組織のボスの息子が通う幼稚園で潜入捜査し、保父になりすますも子どもたち相手に四苦八苦するというストーリー。女優ペネロープ・アン・ミラーが保母ジョイスを、女優パメラ・リードがキンブルと組む女刑事を演じた。

 リメイク版は、主人公と相棒のインド人刑事が、連邦証人保護プログラムに関する情報が含まれたフラッシュドライブが行方不明になったことから、幼稚園に潜入することになる。

 シュワルツェネッガーは出演せず、新たなキャストが選考される。「俺たちヒップホップ・ゴルファー」のドン・マイケル・ポールが監督、「アメリカン・パイ in ハレンチ教科書」のデビッド・H・ステインバーグが脚本を手がける。