“壁ドカン”を披露した岡田将生と染谷将太

写真拡大

 岡田将生主演作「ストレイヤーズ・クロニクル」の完成披露試写会が6月18日、東京・有楽町の東京国際フォーラムで行われ、岡田、瀬々敬久監督とともに共演の染谷将太、白石隼也、清水尋也、鈴木伸之、柳俊太郎、瀬戸利樹の男性キャスト陣が舞台挨拶に出席した。

 劇中の超能力能力バトルで、吹き飛ばされた人物が壁にめり込むシーンがあることから、岡田が染谷を相手に“壁ドン”ならぬ“壁ドカン”を披露。瀬々監督の熱の入った演技指導もあり、ふたりが「愛してるよ」(岡田)、「僕も」(染谷)と大照れで話すと、会場の女性ファンからは歓声が上がった。そして、実際に“壁ドカン”を実演した岡田は、「初めてが染谷君で良かった」といい、染谷も「これはもう、一生の思い出ですね!」と笑い飛ばしていた。

 また撮影時の様子を聞かれると、アクション初挑戦となった岡田は「初めてアクションをやらせてもらえたので、良い体験ができました。魂と魂がぶつかりあうアクションができたと思います」と手ごたえありの様子。「僕が演じた昴チーム、染谷君が演じたアゲハチームと別れているんですが、僕たちは明るく楽しく撮影させてもらいました」と語っていた。

 これを受け、白石は「岡田さんは最年長ということで、僕らを仕切ってくれてごはんをおごってくれたり。スマートなんですよ。岡田さんの前世は、優しさの塊です」と最敬礼。すると岡田が「焼き肉に行きましたが、瀬戸君が肉を1枚焼いたくらいで、『すみません、僕、魚のほうが好きなんですよ』と言っていました」と暴露し、壇上では和気あいあいとした雰囲気が流れた。

 一方の染谷は、「こちらのチームは本当にストイックでしたね。あんまり会話がなかったですね」と苦笑い。それでも、鈴木は「こっちはごはんとかはなかったですが、染谷さんにはストイックに、お芝居に集中する環境を作ってもらいました」と明かし、柳も「いい雰囲気だったので、それが映画に出ているなと思いましたね」と語るなど、両チームで好対照をみせていた。

 また本編上映後には、主題歌と挿入歌を担当した人気バンド「ゲスの極み乙女。」がサプライズ登場し、ミニライブを敢行。主題歌「ロマンスがありあまる」を熱唱し、会場に集った約1000人の観客を沸かせていた。映画は、特殊能力を植え付けられ生まれた昴と学を中心に、異なる未来を望む能力者グループが互いの超能力を駆使して争う姿を描く。成海璃子、黒島結菜、高月彩良、松岡茉優らが共演している。6月27日から全国で公開。