写真提供:マイナビニュース

写真拡大

●役作りで重要なのは「何かをするための筋肉」
三池崇史監督が"原点回帰"をテーマに臨んだ映画『極道大戦争』が6月20日から公開される。この主役に起用されたのが、俳優・市原隼人。かつて、ドラマ『カラマーゾフの兄弟』(13年)では1日1個の飴玉で過ごして体重を49キロまで落とすなどストイックな役作りが当時話題になったが、本作では「噛んだ相手をヤクザ化させてしまうヤクザヴァンパイア」という役柄とどのように向き合ったのか。今回のインタビューでは、彼の"芯"となる役者道を掘り下げていく。

――血を吸われた人間が"ヤクザヴァンパイア"になってしまうという、奇想天外なストーリー。"ぶっ飛んでいる"という言葉がふさわしい作品だと思いますが、オファーを受けての第一印象は?

ボーダーラインを崩すような作品だと思いました。それが、映画の概念なのか、登場人物のそれぞれの感情なのか、一般的な常識といわれるものか……何か分からないんですけど、何かを壊すことができるんじゃないかという期待がありました。

でも、台本を見てもどんな現場になるのか、それぞれがどんなキャラクターで、どんなふうに映るのか、全く想像ができなかったですね(笑)。劇中に"KAERUくん"が登場するのですが、現場では着ぐるみとしてではなくて一人の役者として接していました。それだけでも、異様な空気感だったことが分かりますよね。

――何かもがイメージとして掴めない場合は、不安が先行しそうですが。

三池監督ですから不安はなく、むしろ楽しみで胸が躍ることばかりでした。撮影がスタートしても分からないことだらけで、「次にどんなことを言われるのか全く想像できない」のも三池監督の魅力です。毎日、「明日現場で何を言われるのかな」と思いながら過ごしていました(笑)。僕が演じた影山というキャラクターも自由に演じさせていただきました。今回の作品には、個性的なキャラクターが数多く登場します。まるでテーマパークの乗り物のように次々と(笑)。その中でどうあるべきかを自分の中で模索しました。

――役者として、充実した時間を過ごすことができたわけですね。

いろんな世界の人間が一箇所に集まっているような作品。だからこそ、それぞれが模索しつつも、精一杯遊びながらやっている感じでした。こんな現場は今までありません。撮影を終えて思うのは、本来の映画はこういうものじゃないのかなと。家で犬を撮って1つの作品にしたり、身内で思い出を残すために作品にしたり。「誰に向けるのか」や「何のために」というよりも前に、まず現場で1つの作品を作り上げることに対して情熱を感じることができた作品でした。

三池組をすごく敬愛しているのは、全員のベクトルが同じ方向でも、衣裳、メイク、照明、撮影、装飾……みんなが暴れているところ。監督は相手を信じることも1つの務めだと思うんですけど、それができる方ってなかなか少ないと思います。枠にはめていくのもそれはそれで素晴らしいですが、三池さんのように信頼するスタッフに委ねながら現場で撮っていくのもまた素晴らしい。三池組には、職人という言葉がふさわしい人が集っています。

――三池組は2008年の『神様のパズル』以来でしたね。今おっしゃったような魅力は、当時も感じましたか。

あの頃は……そこまで深く考えていなかったと思います。ただただ、自分のことにがむしゃらで。今振り返ると、すべてが今回の作品のような現場でした。スタッフ含め、全員のボルテージが高い。そのために三池さんは「待つ」ことも惜しみません。

だからこそ、生半可なことはできないという意地みたいなものが、それぞれに宿っていて、そんな空間にいるとすごく気持ちいいんですよね。映画作りが単なる商業的なものじゃなくて、物づくりとしてまだまだ熱かった時代を彷彿とさせるような環境だったと思います。

――本作ではアクションスターのヤヤン・ルヒアンさんが、市原さんの前に刺客として立ちはだかります。激しいアクションシーンもありましたが、撮影に備えての準備や役作りは?

役作りについては特に何も言われていません。体づくりも、ただパンプアップして作るのもあまり好きではなくて。例えば格闘技のトレーニングを積んでついた筋肉のように、「何かをするための筋肉」じゃないとダメなんです。今回は、現場に入る前にヤヤンさんとトレーニングしました。

●台本も見ずに現場に入ったデビュー作
――市原さんといえば、個人的に「ストイックな役作り」という印象が強いです。

そうですね(笑)。でも、役への入り方はデビュー作の『リリイ・シュシュのすべて』(01年)から変わっていません。あの時と同じ気持ちで、今もずっと臨んでいます。例えるなら、子どもが積み木を重ねるような気持ち。そういう状態で、いつまでも現場にいられたらいいなと思います。できるだけ無駄なものを除いて現場にいたい。「やらされている」ではなくて、「自分がやりたくてやっている」を第1に。

ボクサーの役だったらボクシングを徹底的にやりますし、精神的に追い込まれている役だったら体重を落とします。役作りの方法はいろいろありますけど、根本の気持ちの部分はずっと変わりません。自分としてはアクションも普通の芝居も感覚としては同じ。役作りも体を使うものなのか、感情を使うものなのかの違いだと受け止めています。

――『カラマーゾフの兄弟』のように食事制限をしている中で、「この仕事、嫌だな……」とか密かに思うことはないんですか?

つらいときありますよ(笑)。49キロまで落として何が何だかわからなくなる状態になりましたが……それがまた好きになれてしまうんですよね。また、そこを目指したくなる。役者って変な仕事ですよね(笑)。

――三池監督は、本作を"原点回帰"と位置付けているそうですが、市原さんにとっての"原点"とは?

どんな現場に行っても一番最初の作品(『リリイ・シュシュのすべて』)のことは浮かびますね。最初の作品があって、この世界に入って、今はこういうことができている。改めて、ありがたいなぁとしみじみ思います。どんなキャラクターを演じていても、必ずどこかでふと思い出します。今でもすごく大好きな作品で、カメラマンの篠田(昇)さんも、岩井(俊二)さんも大好き。内容はすごくハードなんですけど芸術的で、映像もすごくきれいな作品です。

――デビューが良い作品だったというのも幸運ですね。

何にも分かってなかったですけどね(笑)。あの作品で、数ページにわたっての長台詞があったんですよ。フィルム撮影だったんですが、撮り終えるまでに要したのは64テイク(笑)。いかに何も考えてなかったかが……台詞も覚えていなかったですから当たり前ですよね。

芝居の「し」の字も知らないころ。すごく有名な役者さんとやると聞いて、自然にやればいいんだと思って台本も見ずに現場に入って、相槌打って適当に動いて。「そっちの方がいいね」とか言ってもらえましたが、結局丸々一日潰れました。(蒼井)優さんと一緒だったなぁ。15年ぐらい前ですか。懐かしいですね。

それから最近は物事に対する考えが徐々に変わっていきました。本気で笑えて、本気で泣けて、本気で悔しがって。そういう根源を大切にし続けないといけないなと。これからも役者の務めるべきことを全うしていきたいですし、もっともっと挑戦していきたいですね。

――そういう思いがなかったら、今回のようなぶっ飛んだ作品で声が掛かることはなかったわけですね。

本当ですね。あの頃の自分に見せてあげたい(笑)。でも、環境はあの時と何にも変わっていないんですよ。地元の仲間もずっと一緒。当時のスタッフにも会ったりしますし、今でも親しい人の中にはあの頃に知り合った人もいます。……10年後どうなってるのかな(笑)。

■プロフィール
市原隼人
1987年2月6日生まれ。神奈川県出身。2001年の『リリイ・シュシュのすべて』で映画主演デビュー。2003年に『偶然にも最悪な少年』で、日本アカデミー賞新人賞を受賞した。その後も多数の映画・ドラマ作品に出演。映画『極道大戦争』の公開(6月20日)同日には、4年ぶりとなる写真集「G 市原隼人」、そしてショートフィルム「Butterfly」DVDが発売される。

(水崎泰臣)