アーロン・ポール

写真拡大

全世界で社会現象を巻き起こした大人気サスペンス『ブレイキング・バッド』でジェシー・ピンクマン役を演じ、第66回エミー賞助演男優賞を獲得したアーロン・ポールが、アメリカのオンライン動画配信サービスHuluの新作ドラマ『The Way(仮題)』で主役を演じることがわかった。

【関連記事】『ブレイキング・バッド』で大ブレイクのアーロン・ポール、"ジェシー・ピンクマン"を終えて...

『The Way』は人間関係や結婚生活、権力などの問題に直面し、葛藤する家族の姿を1話ごとに深く描いていく物語で、全10話となる予定。米Varietyなどが報じたところによると、アーロンは主人公エディ役を演じるほか、プロデューサーも務めるという。また、『TRUE DETECTIVE/二人の刑事』のミシェル・モナハンがエディの妻役を演じることが決まっている。製作総指揮は、『ボストン・パブリック』『Friday Night Lights』『Parenthood』などを手がけたジェイソン・ケイティムズが務めるという。

Huluは本作のほか、スティーヴン・キングのベストセラー小説を原作に、J・J・エイブラムス率いるバッド・ロボット社がジェームズ・フランコ主演で製作した新作ドラマ『11/22/63(原題)』や、人気コメディエンヌのエイミー・ポーラーがプロデュースするコメディ『Difficult People(原題)』などの注目作の配信を予定している。

アーロンにとっては『ブレイキング・バッド』以来となるドラマシリーズ『The Way』。Huluでのプレミア配信日は今冬を予定している。(海外ドラマNAVI)

■関連記事・アーロン・ポール、「『ブレイキング・バッド』のスピンオフ版に主演する!」との冗談で期待したファンがガッカリ!『ブレイキング・バッド』のスピンオフ『Better Call Saul』についてクリエーターが語る!ボブ・オデンカーク、『Better Call Saul』スタート時の不安を語る