瀬々監督から「(染谷将太に対して)『愛してるよ』と言いながら、まずは壁ドンをしてみよう」と指示され、文句を言いながらも実行する岡田将生

写真拡大

本多孝好の同名小説を映画化したアクション大作『ストレイヤーズ・クロニクル』(6月27日公開)のジャパンプレミアが6月18日(木)に東京国際フォーラムで開催され、岡田将生、染谷将太、白石隼也、清水尋也、鈴木伸之、柳俊太郎、瀬戸利樹、瀬々敬久監督が登壇した。

【写真を見る】入場ルートを間違え、「モチベーションが下がった」と落ち込んでいた岡田将生

本作は、特殊能力者という悲しき宿命を背負った者たちの戦いを描く物語。イベントには、ネクストブレイク必至のイケメンキャストたちがクールなスーツ姿で勢揃いした。

そして岡田は、劇中の“特殊能力者同士の激しいバトルシーン”で登場する、壁を破壊してしまうほどの衝撃を放つ“壁ドカン”を、ステージで生披露。

そのリハーサルでは、瀬々監督から「(染谷君に対して)『愛してるよ』と言いながら、まずは壁ドンをしてみよう」と指示され、文句を言いながらも実行。

本番の壁ドカンも照れながら行い、「初めての相手が染谷君で良かった」とコメント。染谷は「これはもう一生の思い出ですね」と話し、共にはにかんでいた。【取材・文/平井あゆみ】