噴火開始から3時間後、噴煙は水蒸気の多い白色に変化した。新岳から南西の斜面は猛速度の火砕流で焦熱地獄と化したが、手前に残った森林にも高温のマグマ噴石が飛来したらしく煙を上げていた週プレNEWS

鹿児島県の口永良部島で再び噴火が発生 5月29日以来

ざっくり言うと

  • 18日、鹿児島県の口永良部島の新岳で再び噴火が発生した
  • 気象庁によると、新岳の噴火は5月29日以降初めてとのこと
  • 「天候が悪く噴煙の状況は分からないため現在状況を確認中」と気象庁担当者

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x